■プロフィール

けんちく家

Author:けんちく家
建築の設計・工事監理の仕事をしています。

建設業は、日本の経済を動かす主幹ですね。それだけ、関係者が多い。
建築には数多く知識が必要です。

いったい、住宅を建てるのに設計者も施工者もどんだけ技術・知識があるのでしょうか?建築の雑学を中心にブログを始めました。




fxwill.com









■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
CO2削減?エコポイント・・・。
何だか、世の中はエコポイントだらけ?

住宅版エコポイント!日本もアメリカも30万円の補助ですが。
やっぱり、裕福層の対策ですか????

今はお金がある人が儲かる時代でしょうか。


かつて、TVで言っていましたが家電、車のエコポイントの全ての恩恵を受けるには450万円の支出がかかる。
今度の住宅版エコポイントとなると、新築をすれば1000万円は最低かかるし、この不景気で一年間で1500万円も支払える能力があるとなると・・・・・。

東京でエコポイント用に断熱工事と断熱サッシを入れれば、70万円は工事費プラス 30万円貰って、40万円増
インナーサッシで8万円/ヶ所、エコポイントで1.8万円  6.2万円の支出・・・?

CO2削減と言っても、製造による排出があればどうなんでしょうか?

ポール・マッカトニー曰く
エコカーのレクサス買って、空輸で地球の5周分の運転するガソリンを使ったのでは、何のためのエコカー?

新しいものを購入しないことが、地球のエコになるのでしょうかね。

となると、お金がない貧乏人がリサイクルしたり、節約が一番のCO2を出していないことになり、地球のために貢献している事になってしまうのは、何だか虚しい気分になってしまいます。


エコポイント目当てで買った『あのTV』は、今はごみになっているのでしょうか。





 

スポンサーサイト
未分類 | 18:08:22 | Trackback(0) | Comments(0)
厨房メーカーの生き残り
システムキッチン等住宅機器メーカー㈱ミカドが12月24日、大阪地裁へ民事再生手続開始を申請しました。

去年はダイヤ、今年はイナックス・トステムGのサンウエーブの買収・・・・。
タカラスタンダードもマンションに強かったから、時間の問題?

残るのは、TOTO、イナックス・トステムG、松下G の3強で市場を独占していくのか?

今の時代は、業種ごとで3社で統廃合がされて行くような気がします。
3社が均等であれば、独禁法にも抵触しないでしょうから、何とかバランスを保つのでは?

中小、いや中は生き延びれない。小規模の特色のある厨房企業しか残れない?
本当に統廃合が加速しているような時代ですね!


次は建材メーカーの統廃合が加速するんでしょうね!
今までも、合板・グラスウール・生コン等もかなり統廃合されているし。

実際、2009年度の住宅は70万戸とも言われ、40%近くも落ちていれば、力が無ければ継続は厳しい!

次の倒産は、どのメーカーでしょうか??????






倒産 | 12:10:14 | Trackback(0) | Comments(0)
建築瑕疵保険制度がはじまりました。
世の中、不景気なのに建築するには無駄に成るかも知れない保険料が、建築工事に上乗せ!
まともな、建築設計者や施工業者に頼めば品質の問題なし!

いったい、世の中で新築工事が120万戸/年の時代(今年は70万戸 昭和50年代並かな?)で雨漏れや構造の不具合の発生は、0.5%だろうに!

99.5%の住宅は、構造および雨漏れの被害がないのにね!

無理な注文や安い住宅には、それなりの問題もあるのでは?

ましてや、木造住宅の管理は、専門業者にまかっせぱなしのことも多いのでは?

基礎の配筋も基礎業者に任せっぱなし。

いけませんね!

木造の基礎も、今やRC構造扱いになって、余分に鉄筋の料が多い。
定着取るのは良いことかもしれないけど、これじゃ鉄筋だらけでコンクリートが回らない。

基礎業者も、鉄筋間隔を知らない?
鉄筋が立てに何本も重なっいて、あきが10ミリしかないのでは、生コンで頼んでいる0-20の砂利が
鉄筋の間に、セメントばかりで弱いのでは!

コーナー部分の荷重がかかれば、鉄筋とコンクリートが剥離しますよ!

なんだ、この現場は鉄筋だらけ?

お客さん曰く、鉄筋がいっぱい入っていて、本当に強い基礎ですね????????
業者曰く、はい!基礎にコストを掛けていますから!


今の、木造は軸組みにしても、2xにしても、プレカット工場に任せている。
まして、構造計算のいらない2階建て木造の構造については、設計者・現場監督・大工も知らん顔?
プレカット業者がやっているんだから、自分はわからない、なんて平気な顔をしている。

構造金物もプレカット業者が納めている数しか、取り付けない。(まあ、金物代は大工請負とは別途だからショウガないと言えば、ショウガナイ。)

雨水の新入についても、板金、サイディング、シール、大工さんの腕だけに頼っている建設業者も多いことも確か。

雨漏れも、構造不具合も、原因はハッキリしている。
しっかり、施工の管理をしていれば、全然問題ないと思うけど。

職人、現場監督、施工監理者がしっかりと管理すれば、OKですよ。
しかし、今の施工は見ているのではなくて、眺めているような気がします。

まいてや、保険の検査なんて部分しか見ていないし、設計図どおりであれば、設計が間違ってもOK判定になるとは!施工品質を期待するならNG!

保険に入っているからといっても、結局は購入者と施工者が直接交渉になりますよ!







建築瑕疵・保証 | 10:29:32 | Trackback(0) | Comments(0)
保険契約
瑕疵保証における保険が今年の10月から始まります。
当然、10月1日以降の引渡し物件からですから、建築中の物件はかなりの加入率があると思います。

保険の支払い等は、まだまだ先の話ですが、規定があるのでしょうか?
現況では、保険5社の内容を確認しても、わからない事ばかり。
確かに、一回も保険料を払った事実がないのでしょうから!!!!!

しかし、気になるブログが有りました。
保険会社の考え方が、よく解るないようですので、参考に成りますね。


『先月もある工務店さんの傷害保険に対して「継続不可」の指示が来ました。』

http://blog.goo.ne.jp/ya-itt/1

上記、ブログ内容を見てください。

責任は工務店?
査定基準がハッキリしていないと、困りますよね。
精神的な損害について、損害請求があったら保険では支払われるのでしょうか?

まあ、支払われないと思いますが、発注者(施主)に伝わるのですかね、今のやり方で???

トラブルでしょうね?

調停制度も、何処まで対応してもらえるのか、期待しましょう!!!




未分類 | 11:38:12 | Trackback(0) | Comments(0)
警察と安全協会にひと言
警察に行って、免許の更新に行ってきました。
交通課の窓口で手続きを完了して、免許の受取について確認が有りました。

交通課  『郵送にしますか?手続きは安全協会でしてください!それとも受取ですが?』

自分   『受取で!』

交通課  『平日に取りにこれますが?』

自分   『いつまででしょうか?その日までなら大丈夫です!』

交通課  『本当に大丈夫ですか』

何だか、郵送にしなければ行けない言い様!無言で事務処理で、書類を手渡せる。
他の人も見ていましたが、郵送希望の人には書類の渡し方も丁寧な気が、受取にはかなり態度が冷たいような印象?

確かに、また窓口に来られると、事務処理が大変なんでしょうが、露骨に態度に出されると何だか、安全協会と組んでいるのかと誤解を招くと思います。

なんたって、

郵送手続き 1000円取るのですから!

実費にしろ!!!


一体、どんだけ利益があるのでしょうか?まあ、安全協会は警察の天下り先だし、いろいろとあるのでしょうね。

癒着・天下り 役所の利益構造は無限大ですか???


ひとり言 | 07:58:41 | Trackback(0) | Comments(0)
次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。