■プロフィール

けんちく家

Author:けんちく家
建築の設計・工事監理の仕事をしています。

建設業は、日本の経済を動かす主幹ですね。それだけ、関係者が多い。
建築には数多く知識が必要です。

いったい、住宅を建てるのに設計者も施工者もどんだけ技術・知識があるのでしょうか?建築の雑学を中心にブログを始めました。




fxwill.com









■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
雨でギュショグショナ、2x4!
先日、2xの現場を見に行きました。

内部のベニヤは、真っ黒になっているし、カビは生えているし、本当にこれでいいの?
湿気が抜けないで、このまま床や壁下地のプラスターボードを貼るつもりなのか?

2xは湿気が抜けずらいので、湿度の高い日本には合わないのは昔から言われているので、余計にこの状況の建築状況はまずのでは!

合板がいくら耐水性を使うといっても、床合板の釘が雨で濡れているのでは、耐力も完全にダウン!

2xの工法では、建て方がパネル方式でも2日から3日かかるし、現場で作るとなると1週間以上もかかるので、雨が降る 《 つゆの季節から夏は建てるものではないですよね。!》

2xの家を買うなら、躯体建て方が冬の建物が一番いいですね。
湿気に抜けない家だし、雨に濡れたら全体の沈みも完工後も発生しますよ。

建物構造が落ち着くのが、2年もかかるのに雨に濡れれば変形が激しいですよね。
ですから、2xは2年後にはクロスの全面張り替えも必要になるとの事実がよく理解します。




スポンサーサイト
2x4(枠組)工法 | 22:32:34 | Trackback(0) | Comments(0)
2x工法の家の不思議?
2x4の住宅は、良く壁のクロスが切れたり、ねじれたりしますが、これは構造の性質です。

2x材を何枚も重ねて釘を打って、フレームを作りますから材料の狂いが、ラーメン工法(在来工法)比べれば出やすいのは当たり前かもしれません。

現在は、しっかりと2x材も乾燥させていますので、かなり構造的には狂いはないのですが?

これは、木材の接点数が多いことの原因です。

例えば、

在来工法の場合には、土台+1階柱+胴差(はり)+2階の柱+桁はり の4ヶ所 接点数部材ごとでは 8ケ所です。しかし、2xの場合には土台上部分、柱同様な部分の3枚あわせ、はり同様な部分3枚あわせとか、ともかく在来工法と比べ2倍以上の部材点数が多いということです。

木材の規定は、±1.5ミリとか部材においての精度があります。
つまり、接点が多い部材を使えば、集合した構造役割の寸法精度や部材の収縮が激しいことが理由となります。

また、2x材は釘で留めているので、ねじれについては受けやすいことにもなります。

この構造の宿命が2x工法の家は、2年くらいは落ち着かないので、クロスの張替えが必要と思っているのが、業界の常識ですね?

特に、1階と2階の継ぎ目の動きは!












2x4(枠組)工法 | 12:00:00 | Trackback(0) | Comments(0)
2x4の家、何の木で作られているの?どのタイプ。
こんな家の自慢を良く聞きませんか。

『内はヒノキの家なんだよ!日本の家の匂いだよね。』
『土台は栗なんだ!固い木だし、びくともしない。』
『外はヒバを使って、雨には強い家なんだ!』
『4寸の材料を使っているから。』
『和室天井はスギの柾目でね!』

これって、在来工法の木造住宅です。

しかし、2x4工法の住宅では、工法が強いことを言う方は多いのですが、木材の種類まで話す方はほとんどいません。また、購入時にも、『家の材用は何で出来ているのですが?』と聞く方も少ないのではないでしょうか。

それよりも、『内は2x6で壁が厚くて、断熱も優れているんだ!』と寸法くらいでしょうね?

ところが、2x材にも基本的に3種類の構造強度規定が決めれれています。
その中で、一般的にはSPF、DFの2種類が市場を占有していますね。

なあに、SPF・DFって?

■SPF : スプルスを主体とした雑林から取れる材料  ■DF : 松 です。
当然、DFの方が強いですね。ちなみに、スプルスって、一般的に障子につかっている建具です。
やわらかく、加工がしやすいために、30年前くらいから使っています。

しかし、2xの家を購入された方からは、うちはDFだから強い家です。とは聞いたことが皆無です。
また、現場工法とパネル工法でも多少の強さが違うのですが、強さを言われる割には、基本的なことをご理解されていない方がほとんどですね。

強い家   2x4 > 在来工法

何が基準ですか??? 机上の論理では問題なし。

でも、同じ2xの家でも、ハウスメーカーや建設会社でも4種類の家が建ちます。
ましてや、工事管理によれば、本当に強い家は??????



2x4(枠組)工法 | 15:59:38 | Trackback(0) | Comments(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。