■プロフィール

けんちく家

Author:けんちく家
建築の設計・工事監理の仕事をしています。

建設業は、日本の経済を動かす主幹ですね。それだけ、関係者が多い。
建築には数多く知識が必要です。

いったい、住宅を建てるのに設計者も施工者もどんだけ技術・知識があるのでしょうか?建築の雑学を中心にブログを始めました。




fxwill.com









■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
木造基礎の60ミリの被りの不思議?
建築構造でRC構造では、地面に接する部分の鉄筋被りは60ミリが基本ですね。

これって、RC構造であろうが木造であろうが、同規定ですね。

でも、構造によって償却が違う。
税金の償却では、RCは60年?重量鉄骨では45年?木造30年?かな????

建築構造においては、酸化が基本では?
土に接していない部分ではRCは30ミリの被り。

重量鉄骨では6ミリ以上の肉厚?60年を考えて・・・。

木造金物工法では3.2ミリの肉厚? 30年を考えて・・・・。
在来工法や枠組工法の釘や金物の耐久は30年????


木造の基礎については、RC構造の規定に準じて定着長さがありますが、何だか矛盾を感じるのは自分だけでしょうか。
基礎屋さんも、昔の建築から見るとやりすぎと思う人が結構いますね。

ましてや、布基礎は結構曖昧なのに、ベタ基礎となるといきなりRC規定では!
まあ、しょうがなく設計図書に準じてしていますが?

木造にも30年仕様、60年仕様、100年仕様の規定があってもいいのでは。
基礎が60年仕様でも、上物が30年仕様です。

資源の無駄使いをしているような、アンバランス。

でも、エコ住宅を購入していると思って満足している消費者は、わかっているのかな?
軽量鉄骨では、30年ですよ。

総合的な構造耐久年数を考えて、エコ住宅仕様を作りたいものです。

スポンサーサイト
品質 | 00:01:08 | Trackback(0) | Comments(0)
パーケットフロアーの段差、歪み、クロズミ
かつて、パーケットフロアーの段差で引っかかるとのクレームがありました。
原因を追求していくために、床材のメーカーと原因調査をしましたがなかなか問題が特定できない。

メーカーとしても、このようなクレームは貴社のみですとのツッパリ。

フロアーの継ぎ手部分だけに、クリーニングのワックスを大量にぶちまけているのではないかと?
確かに、指定ワックスメーカーではなかったのですが、そんなに成分と内容はたいして変わらない。

結局は、ワックス剤をメーカー指定品にして、改善。

今にして思えば、雨の時期に無理やり工期を間に合わせていたために、床下地の剛性床の水浸しがあったのかもしれません。
合板の表面が多少乾いていても、中にはまだ湿気が充満していたのでは?時間が経って徐々に水分が蒸発してきたことで、段差が出来たことが理由かもしれません。

当然、段差部分からの水蒸気が逃げようとすれば、パーケットフロアーも黒ずみますよね。

在来工法だから、まだ水蒸気の逃げが床であるために、多少の逃げ道があるのですが、2xでは壁と床がこの状況ではクロスがネジレル可能性が大ですよね。

日本の建築は、夏と雨をよく配慮した木造建築が一番なのかもしれません!

品質 | 10:49:09 | Trackback(0) | Comments(0)
大手不動産デベが・・・・?
かつて、超優良デベはスーパーゼネコンにマンションを発注しているのが、常識だったような時代もありました。しかし、90年後半にはこれらの企業ブランドさえ、価格のアップによる信頼は厳しかったようです。

発注社の要求は、坪38万円以下・・・、高級マンションで、そりゃ無理!!!!
エレベーター込みだよね。

そうなんだよね。現場でも、いつも明るい道ばかりじゃないですよ?と驚かせられている。

発注者に面と向かって、捨て台詞投げる建設会社は、完全にヤバイじゃん!


スーパーゼネコンの時には、施主の立場の管理で気楽で現場に行けば、施主のチェックです、と一大イベント。

この手の業者じゃ、まともにチェックしなければ・・・・。大体、施主の検査段取りさえしない。
言えば、文句言われるし、確かにむちゃくちゃな値段で発注しているし、参ったな・・・。と会えば言っていた知人がいた。

天下の○○が?昔は、1センチでもクロスの不良を指摘すれば、ゼネコンは言わなくても、その壁一面は張り替えていたのにね!

今は、大手不動産デベもマンション事業を別会社の扱いだし。ゼネコンも色分けしているし。
都市事業の方が、利益はね?

確かに、コンクリート疑惑事件でも、スーパーゼネコンは確かに1社もなかった!
経営が弱いゼネコンの足元を見て、叩いているのがあからさまですね。

平成5年完工、昔住んでいたマンション。クロスはコンクリートの割れで開いた。階段の鉄筋は錆びてコンクリート押出し!数箇所?

当然、7年住んで引越しました。このままじゃ、補修工事負担が大変?



品質 | 20:23:04 | Trackback(0) | Comments(0)
絶対買わない、バブルのマンション!
1988年から1992年、建築バブルは少し時期がずれているのをご存知ですか。
それから、建築業界の1998年までは、冬の時代!

両極端な時代でした。

バブル時代は、協力専門業者に少しでもうるさく施工の注文をすると、次の日から誰もいない。いくらでも、仕事があるので面倒な仕事は一切やらない。

金で釣っても、他でも好条件!

建設業者に取っては、もうからない時代だったのかもしれません。

一番の悩みは、着工が出来なくてお客さまに遅れる理由を説明することが、仕事だったことを覚えています。鋸をもって、東京ドームに行けば素人だろうが日当4万円、遅れ気味の竹中工務店は意地でも作る。

こんな、噂がまかり通る時代でした。

大手ゼネコンも3億以下は、下請けに放り投げ。当時、スーパーゼネコンからいくらでも持って行ってくれ、と!欲しいけど、いらない・・・・・。請け負けです。

施工監理なんか、来ない時代!名前だけでした。
こんな時代のマンションは、本当にヤバイ?

まともに監理をすれば、工期は未定?お客さまからのペナルティー?

後は、ご想像に任せます。








品質 | 19:52:57 | Trackback(0) | Comments(0)
パーケットフロアー 所詮はにせもの?
25年経った無垢材の床とパーケットは本当に違う。

実家のたわんで床が抜けたパーケット、片や益々しっかりしている無垢の床!

無垢の木と合板の違いは、年月と共に強度の差が出ます。

  木は、伐採して10年間は強度が増していく。
  
  合板は、作った時が一番強度があり、その後は弱くなるだけ。

理論では、理解していましたが、床の時には足の裏にしっかりと違いを感じたものです。
歩くとパーケットフロアーでは、じっと沈む感じなのですが、無垢材では跳ね返ってくるような感じで、本当に木が生きていると実感するものです。

本物は、本当にいい!きっと構造も仕上げも無垢だから、本物を感じる。

当時は、5年は遅れている木造建築と思っていましたが、30年も過ぎると逆に新鮮に感じる!
物の良さは、時間が経たなければ本当の評価が難しいですね?

それでも、新しいニセモノは魅力的で、思考を狂わせるのは、なぜ?????

品質 | 19:04:48 | Trackback(0) | Comments(0)
次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。