■プロフィール

けんちく家

Author:けんちく家
建築の設計・工事監理の仕事をしています。

建設業は、日本の経済を動かす主幹ですね。それだけ、関係者が多い。
建築には数多く知識が必要です。

いったい、住宅を建てるのに設計者も施工者もどんだけ技術・知識があるのでしょうか?建築の雑学を中心にブログを始めました。




fxwill.com









■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
サッシメーカーと社風
サッシメーカーも段々統合されて、大きくは3社体制となりましたね。

■ トステム
■ YKK
■ 新日軽(+立山・三協)G

4年間位に、サッシ業界の製品寸法の統一があり、基本的にはどれも同じような物です。
製品選びには、エンドユーザーよりもハウスメーカーや建設会社がどのメーカーを採用しているかにり、住宅購入者が選定する事はまれです。

住宅購入者が意識することは、断熱・ガラスの種類ぐらいです。
もともと、サッシ自体はデザインがある訳でもないので、消費者も意識が無いのでしょうか。

これはこれで、良しですよね。

そうなると、各企業の商品というより、過去の企業のあり方や社風によって採用することは建設会社の意向や相性でしょう。

老舗の新日経以外は、新興勢力と言ってもよいでしょう。

《 トステム 》 は、かつて東洋サッシ時代に尺寸法の寸法呼びで大工さんに好評が一つの企業戦略で伸びたと言われています。
しかし、長年のオーナーの企業の在籍により、営業スタイルが自己中心的で顧客に目を向けていないような気がします。まあ、商品ありで市場のニーズに対応していたのでこのような社風となったのでしょうね。

全員が、社内に目を向けている。顧客は二の次・・・・・?

トステムの営業マンは、目が虚ろで・挙動も多いし・・・・これも当たり前かもしれません。
業界では有名ですが。

 ● かつて、睡眠不足によるノンブレーキで、追突事故№1
 ● 5年前に、労働基準監督署からの指示もあり、21時以降は残業禁止命令
   しかし、実態は21時にいったん会社を出て、車で待機をして再度事務所で仕事
   形だけ!!!!
 ● 独特の社風に3年耐えればと

人間の生き血を吸って、サッシが作られると思うと、一生暮らす家庭の住宅には使用したく無いですね。

《 YKK 》 は国際的なファスナー企業と言うことは、ご存知なことでは無いでしょうか。

後発メーカーだけにいろいろな商流を考えているので、もっとも画期的な企業形態だと思います。

他のメーカーと違い、基本的にはガラスまで工場管理で製品され、サッシとガラスのトータル管理がされています。

トステムはガラス店が組みたてガラスを入れるために、最終品質はガラス店の考え方により何処のガラスが入っているかは、内緒です。ワイヤー入りの小口処理とかは注意ですね!

新日軽も同様かもしれませんが、結構末端管理がされているように思います。

品質・コスト・管理 企業倫理が一番しっかりしていると思います。それゆえに、お客さま第一主義が感じられますね。

《 新日軽 》 は言わずとしれた大手企業の子会社
YKKが業界で伸びる前までは、ゆったりした企業体質なのか、顧客に目を向けているので安心して接することが出来た、サッシメーカーでした。
トステムは顧客に提出する見積もりにしても、自分の企業ありきで無理やりに押し付けてくるので、本当に閉口するのと違い、新日軽は顧客の要望に即した企業努力を感じることがよくありました。

仕事の折衝にしても、新日軽は安心して普通に話が出来ましたね。


住宅にとって、生活とは・・・・。
建設会社との信頼。 現場の職人の思い入れ。 建材への信頼。
人の気持ちが入る住宅には、人間の思い入れと考えるとたとえサッシでも選びたいものです。

自分の家と考えると

     ① YKKap
    
     ② 新日経


絶対に使わないのがトステム
家庭に怨念入るような気がします???気持ち悪い!)








スポンサーサイト
建材商社 | 14:59:47 | Trackback(0) | Comments(3)
取立て追い込みの建材商社!
朝から、建材商社から、立て続けに携帯電話に・・・・・。

『時間取れませんか!少しの時間でも良いですから会いたいのですが。』
強引なアポイント。

会えば、どの商社も即時取引中止の一方的な通告。
いくら、不動産業界が危険と言っても、内は建設業で支払いも、約束どうりに払っているのに!

なんで?

取引したければ、前金でよこせっと、言葉も売ってやるのだからとの豹変態度で、強気な発言で。
遅れることなく支払っていても 『だめだめの、圧力』

挙句の果ては、休みまで携帯電話で追い掛け回す。
自分の会社の支払いが済めば、なしのつぶてで連絡も一切なし。

支払いを遅れもなく、ちゃんと綺麗に支払っても、一言も礼の電話もなし。
支払いを前倒して上げているのに、請求漏れがあったと、自分のミスを棚上げにして、即よこせとは!
時間外に平気で自分の都合で電話して、迷惑でも連絡を受けていたのに。

本当に人間性が、社風がよくわかります。
J建材・S林業・KK・首都圏N・MS建材
社会的に有名な企業でも、やっていることは、金融屋の追い込み取り立てと変らないですね。




建材商社 | 23:30:55 | Trackback(0) | Comments(0)
建材商社って何しているの?
建材商社の世界も昔と違い本当に区別がつかなくなりました。

2003年頃の基本

メーカー・木材等 → 1次商社 →  2次商社 → 2次問屋 → 建設会社
                        1次問屋   木材問屋 

今は、2次商社(1次問屋)が直接にメーカー・木材と取引することも、珍しいことではなくなりました。
やはり、5年前の商社再編成で、商流が入り乱れたのでしょうね。

『 主な建材商社 』

1次商社は? ■双日建材■住友林業■伊藤忠建材■三井住友商事■丸紅建材

2次商社は? ■ジャパン建材■ナイス■ジューテック■北恵■紅中■ランディックス
         ■その他 数多く


『 合併商社 』 
 
         ■双日建材       ニチメン株式会社 +  日商岩井株式会社
         ■住友林業       住友林業 +  安宅建材
         ■ジャパン建材     丸吉 +  興国ハウジング       
         ■ジューテック     日本ベニア + 丸長産業

『 商社の役割 』

所詮は、ブローカーで商品知識はなく、メーカーに説明させているだけ。一生懸命に説明しているメーカー担当者をコケに扱い、偉そうに横に座ってお茶を飲んでいるだけ。建設業者には俺らがいなければ、物は買えないと変なポリシーを持っている。保険屋+運送業だと自分の意識がない。

ちょっと、頭が良くないのでは!と疑います。せめて、売り込む商品知識の半分だけでも、覚えてくださいと言いたいですね。

営業マンの印象 : ともかく人間としても浅い、商品も名前だけしっている、うそつき、見栄っ張り
             まともに約束を守らない・・・・・・ある意味、見破られる詐欺師?

その点で、松下電工系グループの直系商社やナイスは、企業の姿勢が他とはまるで違います。商品知識があり、少なくともお客さまのポジションを理解して、営業活動をしていることが本当に伺えます。



建材商社 | 16:47:19 | Trackback(0) | Comments(0)
建材商社の株?
デベの倒産がここまで続くと、株価格もいろいろと影響がでますね。

当然、デベの株は当たり前!

マンションデベ → 一括業者発注(ゼネコンの企業業績影響) → 建材商社 → メーカー

戸建デベ → 建材商社 → メーカー 

結局は、建材商社のリスクが大きくなる構造があります。建材商社も何処まで、頑張れるかな!

再編成も近いですかね。まだ、建材商社が半分になって、7年は経っていないけど、苦しい立場ですね。

建材商社 | 02:44:59 | Trackback(0) | Comments(0)
デベ  信用なかったです。
建材メーカー、住宅設備メーカーが直接取引きに応じてくれない。ハウスメーカーならOKなの?
例え、一部上場会社になっても、直取はNG!

所詮は、社会的に不動産会社は信用はないな・・・・・。(財閥系以外ですけど)

J建材の課長様が言っていました。

『だから、建材商社は必要なんですよ。商社不要論を世間は言っていますが、誰がリスクを取るのでしょうかね!』
『綺麗事では終わらないのが、建材商社の役割です。』

『J建材は、泥臭い商売を基本としています。』

説得のある、答えです。

一言
『不動産、建売デベより、一枚上手の汚い商売が得意ですよね!あなた方の見下げた目が、何時も語っていますよ。』

建材商社 | 02:21:35 | Trackback(0) | Comments(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。