■プロフィール

けんちく家

Author:けんちく家
建築の設計・工事監理の仕事をしています。

建設業は、日本の経済を動かす主幹ですね。それだけ、関係者が多い。
建築には数多く知識が必要です。

いったい、住宅を建てるのに設計者も施工者もどんだけ技術・知識があるのでしょうか?建築の雑学を中心にブログを始めました。




fxwill.com









■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■カレンダー

03 | 2009/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
この頃、木造建築の木材の品質が落ちていませんか?
10年前位の建築構造木材からこの1,2年は極端に木材の品質が落ちているように思えません。

6年位まえから、カナダの2x材のメーカーの統廃合とアメリカの好景気で、かつて日本向けのJグレードの材料が見られる事が少なく成りました。
もともと、グレードについては、アメリカグレードの方が生産性も高く、効率が良いのでカナダ一番の市場のアメリカで売れれば日本の面倒な製品は、供給を絞るのは目に見えています。

品質は求めるのに、価格はコストダウンを要求したのでは、カナダも日本向けの商品を生産しなくなったのはしょうがないでしょう?
日本の2x業界もアメリカグレードを購入して、パネル式の2x材に使えば分からないし、うまく商売をしていますね。

よく見ればわかるけど、ほとんど気が付かない?
こんなものですね。

在来で使う欧州赤松集成材も2年前に、材料の品質の低下から強度を20ポイント落として来ました。
確かに、節が多くなり材料が悪くなったのも分かりましたので、あたり前かも知れません。

これ自体は問題がないのですが、コストダウンの影響か?それとも、景気が悪くて材料の保管が長くて悪かったのか、この頃の建築現場では、カビが生えた梁材を多く見ます。
まあ、大工さんも自分が発注した材料ではないので、関係なく仕事を進めていますが、良くはないでしょう。

プレカット業者のせいで終わりです。
プレカット業者も悪い材料を使用しているのは分かっているでしょうが、利益を考えれば木材の廃棄も出来なし、今の厳しいコストでは企業がなりたたないでしょうから、出荷してしまいますよね。
確かに、加工時点や納品時にはカビはないでしょうから、納めてしまえば誰のせいともならない訳ですから?

これは、コストダウンの影響があると思いますが、羽柄材(間柱・垂木・筋違・野縁等)は明らかにコストに左右された製品が、品質と共に納材されています。

大工さんも分かっていても、どうしようもないし?まあ、建築の大工仕事も作業者になっているのでしょう。管理する現場監督も木材知識を得る機会も少ないので、きっと分からないのでしょうね。

こんな材料で本当に政府が進める200年プロジェクトは成功するのでしょうか????


スポンサーサイト
ひとり言 | 03:19:13 | Trackback(0) | Comments(0)
耐力壁 構造用合板の貼り方って!
構造用合板の施工方法を理解していない建築工事って本当に多いですよね。
前のブログで、耐力壁・非耐力壁を知らないで、全ての合板を@150で打っている不具合についてかきましたけど、建築会社の現場監督も耐力壁の理解をもっと分かって欲しいですね。

この前、千葉の建築現場で知人が見てくれない!と相談があって、まあ仕事抜きで寄って見ました。
図面も持っていなく詳細を見ませんでしたが、構造用合板の貼り方が成っていない。

ノボパンと言う合板を使っていたのですが、910の壁量が必要な面積で何故か、左外周部と中央部を@100で打ってあり、右外周部は@200で打ってある。

これでは、耐力壁の必要耐力が確保出来ていない。
つまり、極端に言うと910の半分の455しか利いていないので、この家は必要耐力壁の半分の力に耐えるだけになってしまうと言うことです。

建築基準法の半分しか、構造がもたない・・・・・・?

大工さんに聞いて見ると、いつもこうしているよ。との答え?

角から455版にして、910の真ものは窓に掛けて欠いて使っていると!確かにこのような使い方をすると折角ノボパンに書いている釘ピッチの印が窓側(外周部にあたる)部分に@200の印が来る。

つまり、大工さんはピッチのラインに沿って釘を打っているのです。
しかし、構造耐力を理解していない!!!!

現場監督に聞いて見ると、いつもこの納めと言っている。この材料を使って1年半位経つけど、保証・保険機関の3社からも保証・保険検査でも言われた事がない。
検査も結構、いい加減かも知れませんね?

と言っているうちに設計者に確認すると、間違っているとの電話のやり取り?
Mハウスが真モノを角から打ちつけるのは、こういうことだったのか!と変な納得をしていました。

恐ろしくなったのは帰りがけです。
かなり有名な会社で、年間500棟はやっていると思いますが、これは一担当者の問題ではないな!
大工さんも現場監督も同様な理解をしているとなると、同じ会社の現場も同じ間違えをしている。

大工さんも、いろいろな現場監督に施工管理をされている訳だし、他の監督も指摘していないとなると?この企業の1000棟は、もしかしたら耐力不足??????

無知とは、悪意がないのだから・・・・・・。
決して、手抜きをしている自覚もないし!
それ以外は、結構しっかりした施工をしているので、何だか施工している方も可愛そうだけど、購入者は悲劇ですね!!!!!!

まさか、検査済書をもらい、10年保証を受けているのに、実は耐力不足の家に住んでいる。

まさに 『 信じるものは救われる 』・・・世界ですか???????










設計・工事監理 | 02:39:21 | Trackback(0) | Comments(0)
個人の民事再生?助かる道はある。
知人の建設業者が昨年の12月に経営をお手上げしました。
弁護士に相談するなどして、今は負債金額を確定しているそうです。

聞いた話だと、負債が4000万円あって10分の1まで減らされるようです。
ただし、そのうち1200万円は義理の兄貴が連帯保証しているみたいらしいです。

しかし、負債がどんな金額かは詳細は分かりませんが、負債が400万円まで減額され、住宅は除外となるために、そのまま住む事が可能だそうです。

これなら、何とか復帰できますよね。
4000万円返すことは、個人が何処かに勤めても難しいですが、400万円なら何とか成りますよ。

ただし、条件があるそうで3ヶ月の収入を一定にいなければ成らないそうです。
本人は知り合いの建設関係の専門業者に勤めさせてもらって手取りで40万円貰うことに成ったそうです。(自分から見れば羨ましい給与です)
もう、2ヶ月も過ぎているので来月には確定して3ヶ月後には確定と成るようです。

まあ、これなら何とか負債の400万円を4年から5年で返すそうですが、やっていけるでしょう?

今までの生活が良過ぎたので、これでは生活出来ないと嘆いていましたけど、それよりかなり以下の自分の稼ぎを説明すると、よくやっていけますね???と不思議に感じたようです。
確かに、倒産前の彼は、社長でクラウンの一番いいグレードを乗っていたし、経費も使えたからでしょうから!

そう言っても、ある限りで生活しなければ成らないので、収入に合わせた生活をする事を何度もアドバイスをしましたけど。
それと、今は人の行為に甘んじる事も伝えました。責任感はいいのですが、あまり焦ると自分勝手に成りすぎて、人の行為も分からなくなってしまいますからね。

自分の苦しい状況のみしか考えられなくて、相手の苦しさが分からなく成ってしまいますから。







倒産 | 23:09:02 | Trackback(1) | Comments(0)
ソーラー住宅、本気にならない訳?
もし、電気代・ガス代・ガソリン代が全部ソーラーシステム住宅でエネルギーの供給がされたら!

当然、電力会社・ガス会社・石油会社は経営危機に陥りますよね。
国としては、このような壊滅状況を作るわけがないと思います。

今のソーラーやエコについても適当でなければ、まずい訳です。
国として何かをしなければならないとスタンドプレーで本気に成るわけがない。

まあ、お金持ちやバカな国民が少し乗ってくれないかなっと思っている程度でしょう!
景気が少しでも上がればいいのでしょうね。

200年住宅でも同じでしょう!
何か、お題目があればいいと思っているような、官僚ばかりで本当に国民をバカにしている!

自分たちが一番頭がいいと思っているだけで、世間の状況を理解していない。
役所の論理がどんだけオカシイ状況を作っているのか!

天下り、給与、待遇 自分たちがよければと思うことが見え見えですね。

国がやってくれないなら、自分たちが何をすれば良いのか!
モラルが下がっているのでは、エゴイストが増える社会になるので、自分の身は自分で守りましょう。



エコ・環境 | 12:07:38 | Trackback(0) | Comments(0)
ソーラー電気の償却
前回は、住宅でのコスト負担を削減するためには、ソーラーパネルの能力アップと蓄熱槽のことについて書きました。

しかし、本当に家計にメリットが発生するのか?疑問です。

まず、200万円の投資が発生する前提で計算をおこないます。
投資回収年数を基本的に6年として、また部材耐久を10年とした前提でシュミレーションをおこないます。また、仮に、部材の交換を10年後に70万円負担とします。

償却 200万円÷10年間=20万円/年 毎月 1万7千円
    月の家庭出費  電気代 1万円  ガス代 1万円  ガソリン代 8千円 合計2万8千円

これだと10年間はプラス 1万円/月 12万円/年ですね!
10年間では、 
12万円/年x10年=120万プラス

10年後の70万円負担を考えると
120万円-70万円=50万円

10年の瞬間時点では、10年間は4千円/月メリットが生じます。

その後の、10年間で20年目の瞬間時点では
2万8千円x12ヶ月x10年=336万円

20年間の瞬間時点では

50万円+336万円=386万円
386万円÷20年÷12ヶ月=1万6千円

つまり、今の物価で考えた場合に20年間でソーラーシステムを導入した場合に1万6千円のメリットが出ます。
しかし、毎月の負担がこれ以下の場合や当然ソーラーシステムの価格に寄りますが。


まあ、ソーラーについては毎度思いますが、絶対に特はしない。













エコ・環境 | 11:55:20 | Trackback(0) | Comments(0)
ソーラー住宅!
なんだか、ソーラー電気のブームがまた来ていますね。
何だか、10年毎に騒いでるような気がします。

根本的な問題は、設備投資において償却ができないことが一番問題なんでしょう!
自分から見れば本気にやる気はないのでは!

電気自動車、家庭電気等のエコサイクル?

これを本気で具体化するには

■ 現在のソーラーパネル能力を1KW→3KWにしなければ基本問題は解決できないでしょう。

まず、一般的なソーラーパネルは1KWで3枚がセットされ3KWが基本と成っています。これは20年以上前から同じですね。3KWって、大体エアコン3台分の能力ですよ。

現況では、太陽の出ている時間でこの電気を家で使うとなると、休日に家族がいるときくらいでしょう。
あまた電気は、10年くらい前から、東京電力が購入するシステムが出来たのですが、中々と普及しない。

ましてや太陽が出なければ、発電量は0!

大体、補助金も入れても200万円程度の費用がかかり、いくら昼間の電気を販売しても家の電気代が全てペイするわけでもないでしょうから!

つまり、ステータス以外のなんでもない。

■ では、パネルが3倍の能力を発揮できるようになるとどうなるか!価格は200万円くらいが前提です。

発電量が9KWと成りますね。これだけの電気量があればいろいろと利用価値は高いと思います。
しかし、この電気量を考えると基本的に電気の蓄熱が基本となりますが!

昼間の余剰電気を6KWを蓄熱すれば、ほぼ家庭の電気を全てまかなえると成ります。
当然、電気自動車に電気をおくることも可能ですよね。

ほぼ、家庭における電気代は0に近くなると思います。
当然、自動車のガソリン代も電気になれば、負担が極端に下がりますよね。








エコ・環境 | 11:26:44 | Trackback(0) | Comments(0)
よい建物とは?性能評価って本当にいいの????
性能評価の建物で、構造耐力が建築基準法の1.2倍とか1.5倍がある建物ですよ!とか・・・・。
これって、確かに強い建物に違いはないのですが、実際に地震があったときに誰が保証してくれるのでしょうか?

新築時での性能であって、永久保証はされるものではないでしょう!

関東大震災時の震度7が建築基準法の基本となっているのでしょうが、倒壊しない前提ですよね。
横揺れが基本で、直下型地震についての規定があるわけでないので、実際震度5でも場合によっては、OUTですよね。

密集地における場合に、隣の建物が崩れて自宅に倒壊してくればそれで終わり!
火事が発生すれば?
地盤の水位の位置がずれれば?
大体、地震で倒壊する一番の問題は、雨漏れ・結露等で構造体に支障によることが一番は?


中途半端な性能評価にどんな意味があるのか!
あえて言うなら、設備のメンテなんでしょうね。

それこそ100年に一度の地震に対応するか!(償却:木造住宅の20年以下(耐久25年)、RCの公団35年以下(耐久60年))住宅ストック200万戸~400万戸の余剰とも言われています。

建築基準法を守りながらも窓が多い開放された家に住むのか!

インテリアにお金をかけるのか!

住宅に対する価値はさまざまですよね。







建築瑕疵・保証 | 11:00:47 | Trackback(0) | Comments(0)
建売、マンション 今が買い時?
マンション価格のダンピングが凄いですね。

2割、3割は当たり前?4500万円のマンションが3600万円!
まあ、どっちの価格が正常なのか?きっと3600万円が妥当なんでしょう。

この4年間で、土地も建物価格もちょうど上がったくらいのものですから。
給与も上がっていないのに、不動産ファンドで吊り上げられただけですので、当たり前の価格に戻ったのでしょう!

諦めていた方が、買いたい気持ちになるのは分かりますよね。

結構、マンションの来客も増えているとニュースで報道もされているし、雑誌にもアンケートが掲載されているので、市場が動いているのは確かだと思います。

力のある不動産デベは、今がチャンスと狙っていますよね。

不景気で、負債の多いデベにはお金をかさないので、そろそろ在庫不足の傾向にもなっているのも事実です。(正当な価格との意味)

今の相場で建売事業計画をすれば、買い手はかなりいるとの!
小規模な不動産屋の動きが2月頃から、少し活発に成ってきました。

かなり景気の良い話も聞く機会も多く成りましたね。
お客さまも3月はアシが早くなっているような気がします。

とは言っても、業界の10%程度の話ですから、業界での温度差は激しいのも事実です。
90%くらいは、景気が悪いと言っていますよ。

しかし、これからが商売の本番の時期が近づいているのでしょう。
これから決算が続き、土地の放出で相場が7月には落ち着くような気がします。

10月の売り出しでは、少し景気が戻るかもしれませんね?
きっと20%くらいの小規模デベが儲かるのでは。
レクサスやベンツが売れるかも?????












不動産・建築情報 | 02:22:35 | Trackback(0) | Comments(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。