■プロフィール

けんちく家

Author:けんちく家
建築の設計・工事監理の仕事をしています。

建設業は、日本の経済を動かす主幹ですね。それだけ、関係者が多い。
建築には数多く知識が必要です。

いったい、住宅を建てるのに設計者も施工者もどんだけ技術・知識があるのでしょうか?建築の雑学を中心にブログを始めました。




fxwill.com









■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
建売不動産屋の倒産スパイラル!
不動産業者の倒産連鎖が何故起きるのか?

その原理は、本当に簡単な理由です。
不動産は相場による市場形成が出来ているので、取引実績が相場価格として取引となるからです。

ちょうど、株、為替や金相場と同じなのかもしれません。

城南地域での例で説明しましょう。

成城地区の建売分譲価格が、土地・建物等の原価で販売価格16000万円で。

不動産業者価格として、妥当な価格。

資金のある、不動産デベが、12000万円で値引きをして再価格。

これで、その地区の相場が完成。

近郊の建売価格がいっせいに20%OFFの価格に!原価割れ・・・。

基本が地場不動産業者が中心となっているために、抱えている不動産物件が全て20%となれば、中小の不動産業者では、金が回らなくなる。

それでも、金が回らなくなった不動産業者が再度10%OFFを実施。

また、相場が完成。       銀行の担保割れ→銀行融資ストップ。
銀行は、昨年の秋までは土地価格の110%までを融資していましたから。

挙句の果てが、昨年の6月の最高値50%OFFが、今の相場。

これでは、いくらなんでも持たない。

銀行の融資引き揚げ→不動産業者の倒産

倒産スパイラルの完成




スポンサーサイト


倒産 | 00:21:15 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。