■プロフィール

けんちく家

Author:けんちく家
建築の設計・工事監理の仕事をしています。

建設業は、日本の経済を動かす主幹ですね。それだけ、関係者が多い。
建築には数多く知識が必要です。

いったい、住宅を建てるのに設計者も施工者もどんだけ技術・知識があるのでしょうか?建築の雑学を中心にブログを始めました。




fxwill.com









■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
ヨーロッパの商取引の不思議?
カナダやヨーロッパの取引の基本でよく 『クオーター』 って言葉を使用します。
つまり、1/4です。

1月から3月、4月から6月、7月から9月、10月から12月が区切りだそうです。
日本でも、大手企業では四半期決算も同様ですね。日本株も国際化されている影響でしょうか?

海外では、価格もクオーター単位で交渉をしなければならないことも多くて、結構大変です。
日本ですと、価格変動がなければ一年単位がほとんどですが。

この、日本の価格と海外での交渉での価格差が発生することもシバシバです。
海外企業の価格が下がれば良いのですが、そうとも言っていられない。
また、どこの国の通貨を基本とするかで、為替の変動もあって輸入の商売って大変でした。

取引価格では、コスト・為替の2本ですから!

日本の商取引と一番違うのが変更ですね。
例えば、300個を契約した後、200個の追加を発注すると多くの企業の単価がアップしてしまう。
日本ですと。

発注者
『予定では、300個でしたが急に200個の受注がプラスされましたので、合計500個の発注ですから、少し価格を配慮してくれませんか!どうでしょう?』

受注者
『大量の追加発注していただきまして本当にありがとうございます。価格については精一杯値引きさせていただきます。10%値引させていただきます。』

こんな会話が、日本では一般的で自分もこんな対応をしているのが日常ですね。

しかし、海外の取引では逆のこともあります。

受注者
『追加発注となると、工場のシフトも変わりますし計画変更となると追加価格はアップしますが!10%ではどうでしょうか?』

良くて、同じ単価です。

第3クオーター(夏休み)に掛かる発注となると、いくら吹っかけられるか?

商取引では、同等な立場が確立されているのかもしれません。
国内では、所詮発注者が強いのですが。

かつて、Sハウスのお客さまで面白い話を聞きました。
企画商品で8畳の部屋を6畳に変更をしたら、変更価格が50万円アップしたとのことでした。
何で、減ったのに価格がアップ。

当然、工業製品ですので工場の生産計画変更や図面変更等で無駄な経費がかかるので当たり前だと思いますが、そのお客様は何故かSハウスと契約で損をしたイメージがあるとのことで、契約をしなかったそうです。

心情的にはわかるのですが、企業論理としては正しいのではないのでしょうか?

住宅産業では、発注者が企業を選ぶし、お客さまは神様ですとの変な思いが、対等にはならないのでしょうね。

契約もしていないのに、自分はお客様との意識が強くて、わがままの方も多いことも事実です。
弱いものをいじめるのは国民体質なですか?????





スポンサーサイト


コスト・坪単価 | 00:22:08 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。