■プロフィール

けんちく家

Author:けんちく家
建築の設計・工事監理の仕事をしています。

建設業は、日本の経済を動かす主幹ですね。それだけ、関係者が多い。
建築には数多く知識が必要です。

いったい、住宅を建てるのに設計者も施工者もどんだけ技術・知識があるのでしょうか?建築の雑学を中心にブログを始めました。




fxwill.com









■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
土台って必要?
内の土台は、ヒバだよ。クリをつかているんだ。

確かにいい材料ですよね。ヒバは雨に強いし、クリは硬いし。土台には最適な木材だと思います。

土台ってなんの役割をしているのか?

昔の寺社等の建築では、土台が無い建物が多いですね。高床式となり、柱を貫でつなぎ合せて揺れを防いでいるのでしょう。柱の下には石が!

土台の上に柱が載る建築様式になったのは、何時の時代?

構造計算では、土台の考え方は無いのは、ご存知ですか!チェックするのに、柱が土台に載っているときに、めり込みの検討をしているに過ぎません。あるから、計算するって感じですかね。

では、何のために??????

現在の建築の収めで、根太や合板を収めるためには土台があった方が、施工がしやすいし合理的な考えからではないでしょうか。
また、筋交いや壁合板を納めるにも、決めやすいことも確かです。

つまり、土台がある建築は木造建築だけです?同じような軽量鉄骨では、土台の感性がない。

この頃は、筋交い金物も土台に接合タイプより、柱に直接力を伝達するタイプが主流になってきました。合板床の構造が主流になっているために、面倒なことがあるからかもしれません。

1階の床剛性も構造計算にも関係がない。水平耐力(横への力)となると・・・・。

これらの理屈がわかっているなら、給水・ガス等の配管が土台を痛めても問題ないのに。
しかし、監理の方はこれらの理屈をしらない方も多く、土台の補強をしろ!と平気に指示をしている場合が多いですね。

きっと、梁も土台も同様な感覚で考えているのでしょう?

ましてや、今はホールダウン金物は直接基礎からアンカーを出しているので、土台影響はないのに!
しっかりと、建築を理解しないプロが多いです。
スポンサーサイト


構造 | 00:40:59 | Trackback(0) | Comments(1)
コメント
目から鱗です!
面白いですね。 一律、土台の欠き込みは不可って言ってきましたけどちゃんと理屈があるんですね~!反省です。
2008-09-22 月 19:01:15 | URL | mimosa [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。