■プロフィール

けんちく家

Author:けんちく家
建築の設計・工事監理の仕事をしています。

建設業は、日本の経済を動かす主幹ですね。それだけ、関係者が多い。
建築には数多く知識が必要です。

いったい、住宅を建てるのに設計者も施工者もどんだけ技術・知識があるのでしょうか?建築の雑学を中心にブログを始めました。




fxwill.com









■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
梁の欠け
今の床剛性工法では、梁に床合板を釘で接合するために、密着しているので隙間がありません。

電気配線をするために梁上から10センチくらいから梁の天端に向けて、約Φ30の穴を貫通しなければ、コンセント等の配線が出来ませんね。梁に空洞ができる?

保証会社の検査では、アウト!
じゃあ、どうやって配線するの?

今の階高では、天井が梁にかかることも多いのでは?
梁の上端の部分も電気工事で、かっとカット。

根太工法であれば、5センチくらいの床と梁の間に空間が出来るので、梁を痛めることも無く問題がないのですが。階高もあれば、何の問題も無いのですが!

計算すると、梁欠けが一面ある前提で計算!
何だか、めちゃくちゃな理論です。

梁の根太掘、受梁の堀はどうでしょう!
構造計算をする方によっては、梁の欠けという方もいます。

しかし、一方では木の接合によって、埋木となり欠けにはならない理論もあります。

木造の梁や柱の欠けに確立された理論がないので、最後は設計者に任せるとの責任を押し付けて終わり・・・・?

何だか、木造の強度の理論は無理やり作っているように思います。





スポンサーサイト


構造 | 02:18:08 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。