■プロフィール

けんちく家

Author:けんちく家
建築の設計・工事監理の仕事をしています。

建設業は、日本の経済を動かす主幹ですね。それだけ、関係者が多い。
建築には数多く知識が必要です。

いったい、住宅を建てるのに設計者も施工者もどんだけ技術・知識があるのでしょうか?建築の雑学を中心にブログを始めました。




fxwill.com









■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
金物工法のホゾパイプ・・・梁の欠け?
金物工法で代表的なクレテックや北陸テクノは、ホゾパイプで梁にΦ30ミリの穴を70ミリくらい掘ります。

これって、保証会社の検査で梁の欠けにならないの?

ましてやツースリットタイプだと、梁の両端部は30ミリx100ミリくらいで木材を切り落としているので、上から見ても、下から見ても空洞ですよ!!!!手がすっぽりと入ります。

実験をしているので、梁の端部はOKなんでしょうが!

しかし、外周部はホゾパイプが@910ミリで、梁端部は金物梁の加工では、梁欠けだらけではないのでしょうか?

でも、在来加工であれば、梁欠け・・・。矛盾ですよね?

根拠が無いのに、検査している企業が変な理屈を通してもらいたくはないですね。
おかげで、検査前には電気配線、給水配管が出来ない。

結局は、検査後の梁の加工となり、保証会社は免責扱い!

しかし、2xには鉄骨規定のように貫通の規定があるのに、何故に在来はないの!
木材にも、20%は死に節がある前提なんだから、Φ30ミリはOKなのでは?

ましてや、集成材のように強度を計っている材料もあるのだから。






スポンサーサイト


構造 | 02:40:35 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。