■プロフィール

けんちく家

Author:けんちく家
建築の設計・工事監理の仕事をしています。

建設業は、日本の経済を動かす主幹ですね。それだけ、関係者が多い。
建築には数多く知識が必要です。

いったい、住宅を建てるのに設計者も施工者もどんだけ技術・知識があるのでしょうか?建築の雑学を中心にブログを始めました。




fxwill.com









■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
羽子板ボルトの緩み 対応
ナットの部分に、スプリングが付いているものを一般的には使用して対応していることも多いと思います。全てがゆるむ訳でもないのでしょうからOKと言ってもしょうがない。

木材は収縮があって木材ですから!

この収縮が証明しているように、今では木がやせればついていくようなボルトナットも、商品化されています。

コイルスプリングが入っていたり、ラバーで押し付けで追従していくタイプもあります。
商品名では、シメール・ウルトラナッター等がありますね。

これなら、木材の収縮にも十分対応していくな!と思わせる商品ではないでしょうか?
形的にも大きくて、機能が見えるし大丈夫との安心感を感じますね。

昔の在来工法と違い、今のプレカットでは梁の引っ張りには羽子板ボルトに頼ることも多いので、この部分はお金をかけるべきでないでしょうか!

あるプレカットメーカーでは、このことを認知しているのでしょうか?自社の建物では240以上の梁には2本の羽子板ボルトを標準としている。
標準は300以上が多いですね。

普通の建物は、240の梁の使用が多いので、羽子板ボルト2本使用していると、見事までにがっちりしているような建物に感じます。
在来+2x構造のオリジナル仕様で、240の梁を70%仕様したときには羽子板ボルトだらけで。。。

ISOの審査員も

『すごい建物構造ですね。こんだけ金物で接合補強をしていると、安心ですよね。ハウスメーカーの基準以上でしょう?建売でこんなにしっかり作っているとは思わなかった』

言っていました。




スプリングワッシャvsウルトラナッターorタイトニック

ネジの締め付けトルク???
スポンサーサイト


構造 | 10:06:24 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。