■プロフィール

けんちく家

Author:けんちく家
建築の設計・工事監理の仕事をしています。

建設業は、日本の経済を動かす主幹ですね。それだけ、関係者が多い。
建築には数多く知識が必要です。

いったい、住宅を建てるのに設計者も施工者もどんだけ技術・知識があるのでしょうか?建築の雑学を中心にブログを始めました。




fxwill.com









■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
在来工法って、今は補助金物で。
在来の金物の種類って本当に多いです。

金物の種類

土台アンカーボルトのナット
柱脚金物のホールダウンから始まりこの金物で3種類以上
筋交い金物
羽子板ボルト
火打ち金物
かすがい
帯金物
タルキ金物
くぎ
ネジ

詳細は下記のメーカーにあります。

カネシン(金物メーカー)

現在の在来工法は、こんなに金物が使用されています。
すごいですよ。

くぎやネジは一体何本使われるのでしょうか?
数千本!

うまく、応力を逃がすことや打ち消すような設計をすれば、十分でしょう!

2xの構造を見ていると、アンカーボルトと帯金物およびくぎで十分な耐力を確保している設計も、結構多いですよ。

在来の2階建ての木造建築ならば、柱脚の金物が2種類くらいですむでしょうね。在来の良さは、10年以上経っても振動でゆるむボルトは羽子板くらいですので、締め増しも可能ですので、メンテがしっかりしていれば、100年でも構造は持つと思います。

いつでも、補強が簡単にできることが、最大の特徴です。

土台や雨漏れが原因の腐りさえなければ、OKですね!
スポンサーサイト


構造 | 00:35:10 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。