■プロフィール

けんちく家

Author:けんちく家
建築の設計・工事監理の仕事をしています。

建設業は、日本の経済を動かす主幹ですね。それだけ、関係者が多い。
建築には数多く知識が必要です。

いったい、住宅を建てるのに設計者も施工者もどんだけ技術・知識があるのでしょうか?建築の雑学を中心にブログを始めました。




fxwill.com









■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
木造基礎の60ミリの被りの不思議?
建築構造でRC構造では、地面に接する部分の鉄筋被りは60ミリが基本ですね。

これって、RC構造であろうが木造であろうが、同規定ですね。

でも、構造によって償却が違う。
税金の償却では、RCは60年?重量鉄骨では45年?木造30年?かな????

建築構造においては、酸化が基本では?
土に接していない部分ではRCは30ミリの被り。

重量鉄骨では6ミリ以上の肉厚?60年を考えて・・・。

木造金物工法では3.2ミリの肉厚? 30年を考えて・・・・。
在来工法や枠組工法の釘や金物の耐久は30年????


木造の基礎については、RC構造の規定に準じて定着長さがありますが、何だか矛盾を感じるのは自分だけでしょうか。
基礎屋さんも、昔の建築から見るとやりすぎと思う人が結構いますね。

ましてや、布基礎は結構曖昧なのに、ベタ基礎となるといきなりRC規定では!
まあ、しょうがなく設計図書に準じてしていますが?

木造にも30年仕様、60年仕様、100年仕様の規定があってもいいのでは。
基礎が60年仕様でも、上物が30年仕様です。

資源の無駄使いをしているような、アンバランス。

でも、エコ住宅を購入していると思って満足している消費者は、わかっているのかな?
軽量鉄骨では、30年ですよ。

総合的な構造耐久年数を考えて、エコ住宅仕様を作りたいものです。
スポンサーサイト


品質 | 00:01:08 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。