■プロフィール

けんちく家

Author:けんちく家
建築の設計・工事監理の仕事をしています。

建設業は、日本の経済を動かす主幹ですね。それだけ、関係者が多い。
建築には数多く知識が必要です。

いったい、住宅を建てるのに設計者も施工者もどんだけ技術・知識があるのでしょうか?建築の雑学を中心にブログを始めました。




fxwill.com









■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
ノボパンはやわらかく?
木造建築には、粘りが必要と言われています。
硬い接合は確かに強い。
木造は元来ピン構造であり、揺れることで力を分散しているために、しなやかなことで構造が保っているのでは?


超高層はスネーク状に揺れることを良しとして、バランスを保っていることは有名ですよね。
鉄骨構造事態は、ピン構造ですから。

最も揺れない剛接合のRC構造では、不可能なことと考えれば・・・・。

もともとは、五重の塔が何故に地震で倒れなかったことをヒントに構造設計されていることは有名ですね。

今の、木造建築は剛構造に近づけている風潮にあります。
構造計算では、きっとよい結果となっているはずです。

確かに、床は根太工法+火打ち工法よりパネル工法にした方が、数値的にもはっきりしているのですが、水平耐力に対してねじれが少ない。

しかし、2階の床だけ強度をましても土台や小屋組みに火打ち工法では総体的には感覚的には疑問が残ります。

部分工法だけで、建物全体の揺れの解析をしている訳でも無いでしょう。
片寄りがあることで、全体の粘りのバランスは?

さて、本題のノボパンがSTPからSTPⅡになって何が変わったか!
もともと、専用ビスで留めることで3倍の耐力値があった。

それが、STPⅡになって釘で留めることにより2.7倍として耐力値が下がったことの理由は?
また、何故に釘でOKになったのか。

それは、STPとSTPⅡの芯材の強度を変えることにより、釘でOKとなったのですね。

要は、硬いビスには硬い材料、粘りのある釘には少しやわらかい材料を使い分けることで、釘打ちでも可能になったとのことでしょう。

逆は、真ならず・・・。

つまり、強度のバランスが取れることが建物のバランスを保つことの答えを見たような気がしました。

建物の設計をする時には、全体のバランスを考えながら柱の断面や耐力壁の位置を注意しましょう。
木造建築は、何となく的な部分が多々ありますね。

通柱 120□ 隅柱 120□ 管柱 105□

こんな単純な仕様は、あまりにもお粗末な考えなのかも知れません????







スポンサーサイト


設計・工事監理 | 03:40:15 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。