■プロフィール

けんちく家

Author:けんちく家
建築の設計・工事監理の仕事をしています。

建設業は、日本の経済を動かす主幹ですね。それだけ、関係者が多い。
建築には数多く知識が必要です。

いったい、住宅を建てるのに設計者も施工者もどんだけ技術・知識があるのでしょうか?建築の雑学を中心にブログを始めました。




fxwill.com









■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
木造の中間検査
行政の木造中間検査に立ちあっていると

『本当に確認しているんですか?』と疑いたくなりますよ。

検査員によってまちまちですが!

耐力壁の位置も調べないで、帰ってしまうので・・・・。

中には、ホールダウンの耐力が違うとか、合板耐力で全てを耐力壁にしていると、偏芯が起きるので計算し直しとか、指摘する素晴らしい役人もいますが!!!!

確かに、足場に登ったりしてケガをしたのでは大変ですが。建築現場も安全対策がされていない方が多いですね。
はしごの固定はされていないし、基準監督署はチェックをすることはないので放置状況では、危険がいっぱいです。

まあ、建築検査と言っても結局kは、施工監理者や現場監督がどんだけしっかりと管理しているか!

人間のやることだから、行政やブランドのみで信用は??????。

行政なんて『当てにしない』と思うくらいの気持ちで、建築業者を選定しましょう。

出来れば、現場監督が指名できれば良いのですが。
スポンサーサイト


設計・工事監理 | 21:21:53 | Trackback(0) | Comments(1)
コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009-02-26 木 10:55:13 | | [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。