■プロフィール

けんちく家

Author:けんちく家
建築の設計・工事監理の仕事をしています。

建設業は、日本の経済を動かす主幹ですね。それだけ、関係者が多い。
建築には数多く知識が必要です。

いったい、住宅を建てるのに設計者も施工者もどんだけ技術・知識があるのでしょうか?建築の雑学を中心にブログを始めました。




fxwill.com









■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
今年は建築費がアップ?
建築をまともにやっている業者に取っては、本当に迷惑な話ですね。
この時代に一円でも安く受注しているのに!

いきなり、保険料 80,000円ですか!
それがイヤなら供託ですか?
この時代、2000万円も10年間寝かせることなんて無理?

だいたい建築監理者をバカにしていますよね。
構造についても、防水についても監理業務をしっかり国として確立させる方が先でしょう。

確認申請でも、設計者・工事監理者・施工業者の3社の役割がはっきりしている。
欠陥住宅を生まないようにするには、工事監理者の責任の重さを確立させて、設計者との兼務をやめさせることによる第3者としての業務の責任を分離にすることが、大事では!

構造問題でも、欠陥問題でも監理者の役割を明確にすることが

建築の品質を向上

させるのでは!

消費者保護と言っても、やることをやらないでいきなり《金で解決》ですか?
それとも、行政の天下り先の確保ですか!

新築物件に限って・・・。中古物件については責任は無し。一年経過でも?????
中古物件で10年以内でも!OUT。。。。。

行政のやっていることは、一つは200年住宅と言いながら、中古については
消費者を守る気が無い。

やりやすいところから、金を取って・・・・。仕組みが作り易いところで、ポジションの確保。
なんだか、役人を守るために、国民が定年後の役人の給与を一生懸命になって、払っているような仕組みです。


物の購入には、リスクが付きものです。

安いものには、何かがあると思うのが普通ですよね。

まじめな、建設業界に働いている人間には、本当に迷惑な話です。







スポンサーサイト


建築瑕疵・保証 | 13:24:39 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。