■プロフィール

けんちく家

Author:けんちく家
建築の設計・工事監理の仕事をしています。

建設業は、日本の経済を動かす主幹ですね。それだけ、関係者が多い。
建築には数多く知識が必要です。

いったい、住宅を建てるのに設計者も施工者もどんだけ技術・知識があるのでしょうか?建築の雑学を中心にブログを始めました。




fxwill.com









■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
時計って、結局はブランド?
スイスの時計業界も2010年問題を控えて、業界はどのように動くのでしょう。

多くの時計ブランドは有っても、所詮ムーブメントはETA製を使用しているのがほとんどですから!

この前、有名な時計店に行っていろいろなブランド時計を見ていたら

『機械は、ほとんど同じメーカーで作っているので、性能より側のデザインで選んでください!』

と言っていましたね。

その内、国産のムーブメントが入ることもあるかもしれません。

カルチェの電池交換をしたら、開けてビックリ《シチズン製》だったとか???


ETA製ムーブメント使用ブランド

■ オメガ
■ オリス
■ エポス
■ カルチェ
■ IWC
■ パネライ
■ チュードル
■ グッチ
■ ブルガリ
■ エルメス
■ タグホイヤー
他 多数

確かに、会社によってムーブメントに手を加えることもあるでしょうが、基本はETA製。
結局、時計の価格はブランド力による、側のデザインで決まるのでしょう。

中身が、5千円から10万円なのに時計価格が10万から100万円の時計の中身の基本が変わらないのでは?

何だか、バカくさくなります。
自分もIWCのムーブメントが最高だとか、いろいろな雑誌を見て凄いと思ってIWCの時計を購入しましたが、結局は、2万円程度のETA製の普及品のムーブメントだったのではと思うと、バカな消費者だったと思います。

まあ、クロノもETA7750がほとんどで、オメガ・スピードマスター・ブライトリング等も中身が同じですね。

時計の品質やブランドによるムーブメントの凄さは、過去の話かもしれませんね。
時計の品質を求めるなら、セイコー・シチズン・カシオ・オリエントの方がきっと正解と思います。
当然、コストパフォーマンスが前提です。

セイコー  :スプリング・ドライブ、F9クオーツ
シチズ  :電波、グランドコンプリケーション
カシオ   :電波、ショックレジスタント
オリエント :自動巻

ムーブメントも側もマニュフェクチャー

価値観によりますが!今では、国産以外は目もくれません。





スポンサーサイト


時計 | 17:42:39 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。