■プロフィール

けんちく家

Author:けんちく家
建築の設計・工事監理の仕事をしています。

建設業は、日本の経済を動かす主幹ですね。それだけ、関係者が多い。
建築には数多く知識が必要です。

いったい、住宅を建てるのに設計者も施工者もどんだけ技術・知識があるのでしょうか?建築の雑学を中心にブログを始めました。




fxwill.com









■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
欠陥住宅とは
よく、TV報道やお客さまが、建築に不具合があると

欠陥住宅!

と直ぐに言います。しかし、欠陥住宅との言葉は重大な瑕疵があった場合には、該当すると思いますが、一般的には瑕疵(かし)との内容の建築としての状態ではないでしょうか?

建物の瑕疵とは、契約内容のとうりに建築内容が出来ていない状況です。
確かに、どれを持って線引きをするのかは非常に難しいことでもありますが、基本的には『構造』『雨水の侵入』の2点ではないでしょうか?

建具等の狂いでも、直ぐに『欠陥住宅!』と言われるお客様もいらっしゃることも多いですね。
調整について、

説明をしても 『自分でドライバーで作業するのが面倒!』
欠陥住宅と騒げば、建設業者が飛んできて、直してもらえる!
自分に都合が悪ければ、欠陥住宅!

ある時に、1年くらい経って照明の電球が切れてしまたことがありました。
夜の7時くらいに電話があり、照明が壊れて電気がつかない!!!
欠陥住宅だ!  直ぐに直せ!

電球が切れているのではとの問いにも、客にチェックしろと言うのか!
業者が来て、見るものだろう。

と、結局は確認に行く事になりました。
電気製品については、1年保証は常識だと思うのですが、いざ建築になると2年保証だと思ってしまうのかも知れません。

結局jは、電球の玉切れで取替え作業で完了。

しかし、お客さまはこの状況でも、欠陥住宅扱い。申し訳ないの一言も無い。
挙句の果てに、これからも電球切れについては、お宅で保証しろ!との勢い。

いろいろ説明しながら、次回の電球取替えは3000円の手間をいただきますと、突っぱねたら二度と連絡が来なくなりました。

往復2時間は部下の残業代です。
建築のアフターが全て無料と勘違いしている方が、多いですね。

建築費が高くなるのは、こういう無駄な動きがコストをアップさせていることが消費者がもう少し理解してもらいたいです。












スポンサーサイト


建築瑕疵・保証 | 18:57:11 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。