■プロフィール

けんちく家

Author:けんちく家
建築の設計・工事監理の仕事をしています。

建設業は、日本の経済を動かす主幹ですね。それだけ、関係者が多い。
建築には数多く知識が必要です。

いったい、住宅を建てるのに設計者も施工者もどんだけ技術・知識があるのでしょうか?建築の雑学を中心にブログを始めました。




fxwill.com









■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
耐力壁 構造用合板の貼り方って!
構造用合板の施工方法を理解していない建築工事って本当に多いですよね。
前のブログで、耐力壁・非耐力壁を知らないで、全ての合板を@150で打っている不具合についてかきましたけど、建築会社の現場監督も耐力壁の理解をもっと分かって欲しいですね。

この前、千葉の建築現場で知人が見てくれない!と相談があって、まあ仕事抜きで寄って見ました。
図面も持っていなく詳細を見ませんでしたが、構造用合板の貼り方が成っていない。

ノボパンと言う合板を使っていたのですが、910の壁量が必要な面積で何故か、左外周部と中央部を@100で打ってあり、右外周部は@200で打ってある。

これでは、耐力壁の必要耐力が確保出来ていない。
つまり、極端に言うと910の半分の455しか利いていないので、この家は必要耐力壁の半分の力に耐えるだけになってしまうと言うことです。

建築基準法の半分しか、構造がもたない・・・・・・?

大工さんに聞いて見ると、いつもこうしているよ。との答え?

角から455版にして、910の真ものは窓に掛けて欠いて使っていると!確かにこのような使い方をすると折角ノボパンに書いている釘ピッチの印が窓側(外周部にあたる)部分に@200の印が来る。

つまり、大工さんはピッチのラインに沿って釘を打っているのです。
しかし、構造耐力を理解していない!!!!

現場監督に聞いて見ると、いつもこの納めと言っている。この材料を使って1年半位経つけど、保証・保険機関の3社からも保証・保険検査でも言われた事がない。
検査も結構、いい加減かも知れませんね?

と言っているうちに設計者に確認すると、間違っているとの電話のやり取り?
Mハウスが真モノを角から打ちつけるのは、こういうことだったのか!と変な納得をしていました。

恐ろしくなったのは帰りがけです。
かなり有名な会社で、年間500棟はやっていると思いますが、これは一担当者の問題ではないな!
大工さんも現場監督も同様な理解をしているとなると、同じ会社の現場も同じ間違えをしている。

大工さんも、いろいろな現場監督に施工管理をされている訳だし、他の監督も指摘していないとなると?この企業の1000棟は、もしかしたら耐力不足??????

無知とは、悪意がないのだから・・・・・・。
決して、手抜きをしている自覚もないし!
それ以外は、結構しっかりした施工をしているので、何だか施工している方も可愛そうだけど、購入者は悲劇ですね!!!!!!

まさか、検査済書をもらい、10年保証を受けているのに、実は耐力不足の家に住んでいる。

まさに 『 信じるものは救われる 』・・・世界ですか???????








スポンサーサイト


設計・工事監理 | 02:39:21 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。