■プロフィール

けんちく家

Author:けんちく家
建築の設計・工事監理の仕事をしています。

建設業は、日本の経済を動かす主幹ですね。それだけ、関係者が多い。
建築には数多く知識が必要です。

いったい、住宅を建てるのに設計者も施工者もどんだけ技術・知識があるのでしょうか?建築の雑学を中心にブログを始めました。




fxwill.com









■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
景気のいい会社20%、悪い会社80%?
不動産デベも建設業者も景気が悪い、銀行の貸し剥がしで大変だ!と経営者の声がますます高く成っている気がします。

昨日も、年間10棟くらいやっていたデベと話していると、信用金庫の話で一時間くらい話を聞いていました。
今の銀行は絶対に潰さない?吸収合併のスタンスを基本的に取るそうです。
このデベの社長は、信用金庫の理事もやっているそうですが、自分の銀行に騙されたと言っていましたね。

当初は対等合併とか言っていたので、賛成をしたそうですが結局は吸収合併と成ったそうです。
合併賛成したのに、結局は吸収した銀行が圧力をかけてきて、預金と借入金と相殺させられて、担保不足については、担保を求めてきたそうです。

まあ、不動産屋は金については有れば支払うけど、なければすっとぼけるのが業界常識だし、ジャンプさせて再融資が当たり前の世界にいて、金利を払っていれば如何にかなる?
こんな世界ですから、返済を求められて怒り狂っていました。

当初の話に戻りますが、年間10棟位の歴史のある小企業だと、景気がいいと言うより、変わらないと言った方がいいのかもしれませんね。

今月は仕事がない!っと言っているのを信じていると、次の週には2棟入ってきた。

こんな状況は、毎年の事だし変わらないと不安だけど毎年のことだし、景気が良くても同じみたいです。今の時代は、変わらないことが、成功者なんでしょうね。

逆に30棟/年以上の受注をしていた会社ほど厳しい見たいですね。無理をするか、しない・・・・!
この差が表れているのでしょう。
スポンサーサイト


倒産 | 01:41:07 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。