■プロフィール

けんちく家

Author:けんちく家
建築の設計・工事監理の仕事をしています。

建設業は、日本の経済を動かす主幹ですね。それだけ、関係者が多い。
建築には数多く知識が必要です。

いったい、住宅を建てるのに設計者も施工者もどんだけ技術・知識があるのでしょうか?建築の雑学を中心にブログを始めました。




fxwill.com









■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
平成16年建売購入の悲劇?
平成16年度に建売を購入された方とサブプライム?

城南地区で平成16年10月に5200万円で購入した知人がいました。当時、『清水の舞台から飛び降りるつもりで頑張って買ったよと』連絡がありました。本当に場所もよくて駅からも7分くらいでなかなかの物件です。また少し、土地価格が上昇ぎみでいい判断だと思っていましたので、『それはいい判断ですよ』とお答えしました。

しかし、人間の気持ちって不思議ですよ。

平成17年 5600万円
平成18年 6000万円
平成19年 6900万円

毎度、近隣の同様な建売価格を見ていると、最初は何でこんなに価格が上がるのだろうと、疑問されていました。不動産業界って・・・!どうなっているのですか?との質問もありましたが。
その内には、土地は上がって当たり前になり、完全に麻痺していました。数年で1700万円も上がれば。

これって、サブプライの心理と一緒ですよね。

いつの間にか、資産が増えている。毎年、400万円も上がれば、結構な収入アップと変らないような錯誤がサラリーマンとしては思ってしまいますよね。

2年目からは海外旅行、次の年には外車へ買い替え・・・・・。

あれ、支払い厳しいと言っていたのでは?
スポンサーサイト


テーマ:ひとりごと - ジャンル:日記

不動産・建築情報 | 12:50:33 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。