■プロフィール

けんちく家

Author:けんちく家
建築の設計・工事監理の仕事をしています。

建設業は、日本の経済を動かす主幹ですね。それだけ、関係者が多い。
建築には数多く知識が必要です。

いったい、住宅を建てるのに設計者も施工者もどんだけ技術・知識があるのでしょうか?建築の雑学を中心にブログを始めました。




fxwill.com









■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
自治体へ賠償求めた裁判 ヒューザーが全面敗訴!
この判決を見れば、結局は発注者(施主)の眼力次第ですか?

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090731-00000127-mai-soci

行政も確認申請民間も、責任を取らないとなれば、偽装者が破産すれば発注者の自己責任!
まあ、当たり前と言えば、当たり前ですが。

いくら国土交通省が、資格制度を作ってもモラルの問題ですから、無理ですね。
行政とすれば、こんだけ体制を整えているのだから、責任はないことを強調したいのでしょうか???

本年度10月からの、保険制度で

何とか、行政が責任を逃げることが、可能と成ったのでしょうね。

今回の制度も、国民の財産を守るとの建前を保ちながら、実は行政に対する実害の回避が、一番考えての仕組みを構築したのでしょうか、疑いたく成ります。

保険があれば、偽装事件があっても、確認済証があっても逃げることが

この判決で可能に成りました。


こんな事をするより、設計者・工事監理者・施工者の完全分離をおこなって、責任を明確にした方が、よっぽど効果があるのでは!

発注者の責任が明確に成りますよね。
一生の家を買うのなら、購入者も真剣に取り組むべきではないでしょうか!

手間を省くなら、それなりのリスク管理は当たり前ですね。

国土交通省も確認を出して、まともな確認をしなければ、何のための確認申請なのでしょうか????
確認申請を出さなくて良い地域もあるのだから、いっそうのこと確認申請事態をなくしたらよいのでは!建築士に権限を任せた方が、よっぽど無駄がないように思いますが!

違反建築、いっぱつ建築士免許の剥奪!建築許可剥奪!実刑5年の方が、この国の建築が良くなると思いますね。

それでは、天下り先の縮小になると困るのかな??????
スポンサーサイト


違反建築・偽装問題 | 07:39:54 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。