■プロフィール

けんちく家

Author:けんちく家
建築の設計・工事監理の仕事をしています。

建設業は、日本の経済を動かす主幹ですね。それだけ、関係者が多い。
建築には数多く知識が必要です。

いったい、住宅を建てるのに設計者も施工者もどんだけ技術・知識があるのでしょうか?建築の雑学を中心にブログを始めました。




fxwill.com









■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
建築瑕疵保険制度がはじまりました。
世の中、不景気なのに建築するには無駄に成るかも知れない保険料が、建築工事に上乗せ!
まともな、建築設計者や施工業者に頼めば品質の問題なし!

いったい、世の中で新築工事が120万戸/年の時代(今年は70万戸 昭和50年代並かな?)で雨漏れや構造の不具合の発生は、0.5%だろうに!

99.5%の住宅は、構造および雨漏れの被害がないのにね!

無理な注文や安い住宅には、それなりの問題もあるのでは?

ましてや、木造住宅の管理は、専門業者にまかっせぱなしのことも多いのでは?

基礎の配筋も基礎業者に任せっぱなし。

いけませんね!

木造の基礎も、今やRC構造扱いになって、余分に鉄筋の料が多い。
定着取るのは良いことかもしれないけど、これじゃ鉄筋だらけでコンクリートが回らない。

基礎業者も、鉄筋間隔を知らない?
鉄筋が立てに何本も重なっいて、あきが10ミリしかないのでは、生コンで頼んでいる0-20の砂利が
鉄筋の間に、セメントばかりで弱いのでは!

コーナー部分の荷重がかかれば、鉄筋とコンクリートが剥離しますよ!

なんだ、この現場は鉄筋だらけ?

お客さん曰く、鉄筋がいっぱい入っていて、本当に強い基礎ですね????????
業者曰く、はい!基礎にコストを掛けていますから!


今の、木造は軸組みにしても、2xにしても、プレカット工場に任せている。
まして、構造計算のいらない2階建て木造の構造については、設計者・現場監督・大工も知らん顔?
プレカット業者がやっているんだから、自分はわからない、なんて平気な顔をしている。

構造金物もプレカット業者が納めている数しか、取り付けない。(まあ、金物代は大工請負とは別途だからショウガないと言えば、ショウガナイ。)

雨水の新入についても、板金、サイディング、シール、大工さんの腕だけに頼っている建設業者も多いことも確か。

雨漏れも、構造不具合も、原因はハッキリしている。
しっかり、施工の管理をしていれば、全然問題ないと思うけど。

職人、現場監督、施工監理者がしっかりと管理すれば、OKですよ。
しかし、今の施工は見ているのではなくて、眺めているような気がします。

まいてや、保険の検査なんて部分しか見ていないし、設計図どおりであれば、設計が間違ってもOK判定になるとは!施工品質を期待するならNG!

保険に入っているからといっても、結局は購入者と施工者が直接交渉になりますよ!





スポンサーサイト


建築瑕疵・保証 | 10:29:32 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。