■プロフィール

けんちく家

Author:けんちく家
建築の設計・工事監理の仕事をしています。

建設業は、日本の経済を動かす主幹ですね。それだけ、関係者が多い。
建築には数多く知識が必要です。

いったい、住宅を建てるのに設計者も施工者もどんだけ技術・知識があるのでしょうか?建築の雑学を中心にブログを始めました。




fxwill.com









■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
木造の住宅 地震に強い家?本当に!
『 地震に強い家 』 何となく、説得のあるうたい文句ですね。

木造建築の構造耐力について、壁量計算をして筋交いや合板の数量(長さ)で決定しています。
しかし、構造耐力を決定しているのは、『 地震力 』 ではなくて 『 風圧力 』 で決定していることの事実について、知らない方が多いですね。

実は、地震力より風圧力の方が、横からの力に対して計算条件が厳しいのですよ。

2階建ての場合に、設計者が計算することがほとんどです。また、確認申請にも添付義務はなかったように思いますけど?但し、図面には耐力壁部分の表示は必要です。

つまり、『 風圧力 』 で建物の安全が確保されていることについて、施工会社の現場監督も理解していないことも多いのです。

建築関係者でも、この話をすると 『そうなんだ!』と驚くほどです。ましてや、地震地震と騒いでいる世間では、まさかと思うでしょうね。

当社は 『 風圧の1.5倍に耐える家 』 を作っています。と言っても商品宣伝にならないし、購入者も『 なんですか、それは? 』 と魅力的ではないですね。

でも日本の建築は、本当は地震より 風に強い家 を作っているのです。


スポンサーサイト


構造 | 19:39:46 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。