■プロフィール

けんちく家

Author:けんちく家
建築の設計・工事監理の仕事をしています。

建設業は、日本の経済を動かす主幹ですね。それだけ、関係者が多い。
建築には数多く知識が必要です。

いったい、住宅を建てるのに設計者も施工者もどんだけ技術・知識があるのでしょうか?建築の雑学を中心にブログを始めました。




fxwill.com









■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
住宅の価格
住宅の価格って、意外と昭和50年代から物価の上昇と比べると、現在は下がっているのではないでしょうか?

建築の70%は人件費と言われています。つまり、建設業界の人件費があまり上がってないことの裏返しとなりますよね。

日本の建築費は高い!散々と言われて来た批判です。

建築費と人件費の相関関係は・・・と考えて時に、大卒新入社員の給与と比較したことが、ありました。戦後から、昭和50年代までは結構連動していました。

例えば、昭和54年の一般企業の大卒ですと、10.5万円くらいでしょうか!
木造ハウスメーカーですと4倍 坪42万円、工務店ですと3.5倍くらいで37万円くらいの思いがあります。規模や仕様にも左右されますが、一般的には大体はこのような関係ではなかったでしょうか?

まず、この時代で坪20万円代の木造住宅は、無かったと思います。
ハウス55計画が国策であり、600万円住宅にミサワを含め、各企業がトライしましたが、結局は掛け声ばかりで、自然になくなって行きました。結果は、無理なことだったのでしょう。

今の時代は、ハウスメーカーで坪60万円くらいでしょうか。大卒新入社員が20万円位でしょうから、3倍ですね。同様な感じですと工務店で坪53万円くらいでしょうか?営業利益率も大体は大まかにはルールがありますね!

ハウスメーカーと工務店の営業利益率の差が坪単価に表れていると思います。原価については、工務店の方が高いのはやもえませんが!しかし、100棟も受注してきる建設会社ともなれば、ハウスメーカーとの資材仕入れはほとんど変わりません。

では、分譲系建設会社やローコストのハウスメーカーが何故、安いのか?

からくりは、またの機会に!




スポンサーサイト


コスト・坪単価 | 00:46:23 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。