■プロフィール

けんちく家

Author:けんちく家
建築の設計・工事監理の仕事をしています。

建設業は、日本の経済を動かす主幹ですね。それだけ、関係者が多い。
建築には数多く知識が必要です。

いったい、住宅を建てるのに設計者も施工者もどんだけ技術・知識があるのでしょうか?建築の雑学を中心にブログを始めました。




fxwill.com









■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
私も3年で500棟の設計・施工監理!ありえない。
実は、私も設計・施工監理者として、多分年間で50棟から200棟の確認申請・工事完了検査を請けたことになっていると思います。

企業の設計事務所としての、監理技術者としてなっていましたので。

自社の設計・協力設計事務所が私の名前で提出していましたので実質の数さえ分かっていまん。会社としてはこの4年くらいで1200棟以上は施工をしていました。

こんなに申請をしていたり、工事完了の報告で書類上は自分の名前でおこなっているのですが、設計図書も現場も知らない物件がほとんどでした。

地域も決まっていましたので、行政もちょっと書類確認をすれば、出来ないことがわかっていると思います。が、OKなので・・・。今となっても、全然問題になりませんし。

建築申請がざる法で、完了検査もざるですね。実態は、資格なんて無くてもOKですし。

なんのための建築士なんでしょうか??????

行政が問題が出てきて、改正しても実態を変えなければ、建設業界の問題は無くなりませんね。

スポンサーサイト


設計・工事監理 | 16:48:15 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。