■プロフィール

けんちく家

Author:けんちく家
建築の設計・工事監理の仕事をしています。

建設業は、日本の経済を動かす主幹ですね。それだけ、関係者が多い。
建築には数多く知識が必要です。

いったい、住宅を建てるのに設計者も施工者もどんだけ技術・知識があるのでしょうか?建築の雑学を中心にブログを始めました。




fxwill.com









■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
3年連続の建設 法改正!建設大倒産時代?
2008年7月施行    確認申請の大幅な改正

2009年11月施行   建築士法改正

2010年10月施行   売主責任の保証義務化

毎年、建設業界は厳しい変化があります。行政のしっかりした内容も決らず、民間に義務化しているにことに、あきれ返ります。

その度に、国土交通省の外郭団体を作り、金儲けをさせていることにも腹が立ちます。
役人は本気で、問題に取り組んでいるのでしょうか? 

この3年間で、その度に経営が止まれば中小企業に取っては、大打撃です。自転車操業でお金を回していて、何とか保持している企業もさすがに来年の法改正には耐えられないでしょうね。

ある意味、国策としては数の多い建設業の現在の40%を倒産させ、建築の安定を求めています。
確かに、人口も減って建設戸数も110万戸から2015年には60万戸までなると考えていることから考えれば、内需一存の建設業界にとれば不当な競合もなくなり、結果は正しいとは考えることは可能ですが・・・・・。

行政による圧力における業者つぶしと言われてもしょうがないですね!
スポンサーサイト


建築基準法 | 00:26:12 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。