■プロフィール

けんちく家

Author:けんちく家
建築の設計・工事監理の仕事をしています。

建設業は、日本の経済を動かす主幹ですね。それだけ、関係者が多い。
建築には数多く知識が必要です。

いったい、住宅を建てるのに設計者も施工者もどんだけ技術・知識があるのでしょうか?建築の雑学を中心にブログを始めました。




fxwill.com









■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
高気密住宅!酸素が脳にまわらない?
高気密住宅、この10年の流行ですね。

でも、ちょっと注意してください。高気密住宅は1cm/㎡の隙間相当面積以下は特に!
空気を取り入れないと、酸欠で頭がくらくらする経験はありませんか?

人工的に空気を循環させなければ、脳に酸素が回りません。
ましてや、25度以上の室内環境であれば有害物質の空気だらけとなります。

ホルムアルデヒロは有害物質の一部で、有害な空気をいっぱい吸い込むことは健康にどうですか?

隙間相当面積も窓を1時間に一度あければ、少しでも窓を開けば、隙間相当面積が3以上となります。各部屋の窓は、たまには開ける方がいいと思いますが!

少しの寒さもガマン!

各部屋に換気口を設けて、浴室やトイレの換気扇で24時間換気に対応している住宅では、空気の流れが不均一で特に注意をしてください。

吸気口のほこりで空気が流れるように定期的に掃除をかかせずに。酸素不足になります?

酸欠した脳は蝕まれます。酸素をいっぱい入れて、頭のいい子どもにしたいですね。
スポンサーサイト


健康・気密住宅 | 23:42:40 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。