■プロフィール

けんちく家

Author:けんちく家
建築の設計・工事監理の仕事をしています。

建設業は、日本の経済を動かす主幹ですね。それだけ、関係者が多い。
建築には数多く知識が必要です。

いったい、住宅を建てるのに設計者も施工者もどんだけ技術・知識があるのでしょうか?建築の雑学を中心にブログを始めました。




fxwill.com









■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
ハウスメーカー・FC住宅の金物工法!
金物工法は今では、多種多様にもなっています。

  ■ 積水ハウス・・・・・・・・・・・シャーウッド
  ■ ブライトホーム
  ■ アイフルホーム
  ■ 野村ホーム(3年前撤退)
  ■ ムジ印
  ■ 新昭和
  ■ ロイヤルホーム
  ■ 土屋ホーム
  ■ 創建ホームズ
  ■ etc

まだまだ、いろいろな企業が採用しています。当然、10万棟となれば地場ビルダー、工務店等もあって、2x4との市場と同等くらいまでの実績があると言われています。

金物の種類もオープンで一般の金物と同様の扱われ方から、ハウスメーカー・FCのような自社オリジナルもあります。何が良いかは、各企業の考え方によりますが、基本的にはボルト・ドリフトピンの数と金物の板厚ですので、どれが耐力が優れているとかは無いでしょう。

全ての金物工法は破壊試験をおこなっていますので、問題はないですね。必ず、金物より木材が破壊するからです。

では、どこの金物がいいの?と聞かれると・・・・・?それは、金物の件で詳細をコメントします。



スポンサーサイト


金物工法 | 17:50:29 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。