■プロフィール

けんちく家

Author:けんちく家
建築の設計・工事監理の仕事をしています。

建設業は、日本の経済を動かす主幹ですね。それだけ、関係者が多い。
建築には数多く知識が必要です。

いったい、住宅を建てるのに設計者も施工者もどんだけ技術・知識があるのでしょうか?建築の雑学を中心にブログを始めました。




fxwill.com









■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
時計、雑誌に騙されて?
インターネットがこれ程はやる前は、雑誌が唯一の情報源でした。
外国の腕時計特集の本を買い捲り、次はどれが良いかなっと悩むことが楽しみで!

ともかく、外国の時計はブランドと価値を無理やり高めているのが、この7年くらいで本当に分かりました。インターネット情報は、いろいろな判断ができる!

当時、IWCの記事があり、こんなことが書いてありました。

■ IWCは、機械から全てを作っている、スイスで数少ないマニュファクチュールメーカー。
■ 顧客の管理がされ、たとえ部品が故障しても、一個一個の内容が番号で、生産できる。
■ スイスで唯一、時計職人に称号があたえられる。

これを読んでいると、本当にすごいな!こんな時計を一個は持ちたいと!

で、IWCの中で価格で手頃なポートフィノを購入しました。金属ブレスで定価が30万円。
確かに、綺麗な時計でブレスにも手間がかかっているな、と思い満足。文字盤の白にも満足。

IWC


親父が昔、『IWCの文字盤の白は、別格だ!』(但し1960年代の話です)と良く言っていました。

しかし、10年後に機械がETAとのメーカー製だと気がつきました。本当にがっかり。
よく調べると、スイスの時計で有名なメーカーの殆どが、ETA製の機械をベースに使っている。
IWC、オメガ、オリス、エポス、チュードル(ロレックスグループ)etc

結局は、馬鹿な消費者が宣伝に踊らされて、買っているのか!

クロノグラフでパルジュー7750の機械が、いろいろ使われていると思っていました。
かつての、ロレックスデイトナ(60年代、今は自社)、オメガスピードマスター、ブライトリングetc、でもロレックス以外の今のクロノグラフって、ほとんどETAなんですよね?

何だか、時計の価値ってブランドと側のデザインですか?




 
スポンサーサイト


時計 | 00:58:12 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。