■プロフィール

けんちく家

Author:けんちく家
建築の設計・工事監理の仕事をしています。

建設業は、日本の経済を動かす主幹ですね。それだけ、関係者が多い。
建築には数多く知識が必要です。

いったい、住宅を建てるのに設計者も施工者もどんだけ技術・知識があるのでしょうか?建築の雑学を中心にブログを始めました。




fxwill.com









■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
フランクミューラー・パネライ & ETA
フランクミューラーもパネライも人気がありますね。結構、去年はいろいろな方から購入した(40万円から100万円くらい)との話も聞きましたが、中身がETAの機械と知っているのでしょうか?

この2つのブランドでも、多少は機械をいじっているのでしょうが、所詮は普及品・・・。
ETAの機械は、1万円代から5万円くらいで購入できると思いますよ。

ブランドのデザイン価格が殆どですか?今では、made in chinaのコピー品でも同じ物を使っているとなると、本当に自己満足なんでしょうね。製品の品質も、よっぽど国産の安い時計の方がよく出来ていると思っています。

知り合いのパネライの本物とコピー品を並べて見てみましたが、シロウトの私には40万円の差がどこにあるのか分かりませんでした。フランクミューラーの方は、文字盤の出来栄えにはっきり差があったように思います。

パネライもブランド復活の時には、『ロレックスが機械を提供する、唯一の時計!』と話題になりました。確かに、かつては実際に提供していたのでしょうし、復活時にも数量限定で提供が実際あったと思います。

購入者の方は、機械がロレックスと喜んでいる、サブマリーナと同じと思っている方も多いのでは?
サブマリーナの機械がジャスト・デイトと同じと考えれば、パネライも?でも事実は、ETA社の凡庸タイプではね!

スイスの時計戦略に、日本人がうまく載っているのでしょうか?





スポンサーサイト


時計 | 21:34:24 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。