■プロフィール

けんちく家

Author:けんちく家
建築の設計・工事監理の仕事をしています。

建設業は、日本の経済を動かす主幹ですね。それだけ、関係者が多い。
建築には数多く知識が必要です。

いったい、住宅を建てるのに設計者も施工者もどんだけ技術・知識があるのでしょうか?建築の雑学を中心にブログを始めました。




fxwill.com









■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
時計のオーバーホール
機械式時計、クオーツ時計・・・・・。
毎日、長年使っていれば機械ですから、調子が悪くなるのは当たり前ですね。
気に入っている時計は一生持っていたいものです。

今だから、結構時計を大事に扱っていますが、若い頃は何故あんなに無頓着に乱暴に扱っていたのか?本当に、勿体ないことをしたなと!

時計を趣味にしようかなと考えた時には、

『械式の時計でなければ、時計ではない!』

と思っていました。

『クオーツなんて、味が無い!所詮は電気製品かな?』 こんな時期もありました。

が、機械は最高と考えていましたが、結局は雑誌に踊らされていただけで、有名時計で70万くらいまでは、ETA社の機械がベースなれば、あまり機械に拘る必要がないことに行き着きました。

中身が、どうせ高くても5万円くらいまでだし、何でオーバーホールで2万も5万もかけるの?
取り替えてしまった方が、いいのでは?

実際に、機械、クオーツ時計はオーバーホールに出して、取り替えているフランスブランド時計があるみたいですが!結構、有名なことですよね。

考え方によれば、また新しい物になるのだからOK!!! かえって安心できる。と思う方も多いのではないでしょうか?20年以上も過ぎると難しいかもしれませんが。

オーバーホールにブランド価値を持たせて、いるような気がします。機械を入れ替えている有名な外国時計で、2ヶ月以上かかるのは、時間がかかれば高級なイメージ作りと思う人が多い性かもしれません。

あまり、知りすぎると時計の面白さも低減するかもしれませんね?

ところで、サイデイング屋の社長!

貴方の自慢している、カルチェ・パシャとパネライの機械がETA社製で、中身が同じことを知っていて見せびらかしていたのでしょうか。あまり、賢くは見えませんよ・・・。

この社長は仕事でも、本質を見抜けるのでしょうか?
スポンサーサイト


時計 | 20:20:04 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。