■プロフィール

けんちく家

Author:けんちく家
建築の設計・工事監理の仕事をしています。

建設業は、日本の経済を動かす主幹ですね。それだけ、関係者が多い。
建築には数多く知識が必要です。

いったい、住宅を建てるのに設計者も施工者もどんだけ技術・知識があるのでしょうか?建築の雑学を中心にブログを始めました。




fxwill.com









■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
日本の時計は最高!
時計大国となれば、当然スイスと日本ですね。と、中国?

メーカーとしては、スイス・イタリア・ドイツの方が、断然と日本より多いと思います。
しかし、そこは技術の日本。

セイコー・シチズン・カシオおよびオリエントの4社が基本で、それぞれがマニュフェクチャー。
機械から全てを自社製品でまかなっているって、世界的にも少ないでしょう。

種類も多いし、値段も千円くらいから数千万円・・・。こんなメーカーはきっと日本だけでしょうね。

機械式・クオーツ・キネテック・電波時計・ソーラー
複雑時計が10万円で。

全てが、世界最高峰ではないでしょうか?

■ 世界最高9Fクオーツ
■ キネテックの開発
■ 飽和潜水バルブなし
■ クオーツ複雑時計

国産時計も10万円以上だと、本当にすごいのがありますね。
セイコーのGS・クレドール
シチズンのコンプリケーション(機械式だと400万円以上)

でも、10万円以下の時計は、もっとすごい。コストパフォーマンスがいいですね。

この頃、、やけに値段をアップしているセイコーですが、高くすればスイスの高級時計に対抗出来ると思っているなら、国内のファンを逃がすでしょう。返って、外国製品を意識すると思いますよ。

10万円以上のカシオGショックって、本当に魅了があるのでしょうか?

ともかく、この頃は価格アップが、国内時計も激しいと思いませんか。
スポンサーサイト


時計 | 09:00:00 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。