■プロフィール

けんちく家

Author:けんちく家
建築の設計・工事監理の仕事をしています。

建設業は、日本の経済を動かす主幹ですね。それだけ、関係者が多い。
建築には数多く知識が必要です。

いったい、住宅を建てるのに設計者も施工者もどんだけ技術・知識があるのでしょうか?建築の雑学を中心にブログを始めました。




fxwill.com









■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
オリス ムーンフェイズをどうしよう。
自己紹介の欄が月になっているし、the28moonともなっているのをご覧になり、月のことを好きなんだと感じてくれる方もいるかもしれませんね。

実は、月に関することが好きなんです。

時計もムーンフェイズタイプが大好きなんですが、この手のコンプリケーション時計はともかく、内容が盛りだくさんで、結局は文字が小さくなってしまいます。

一番最初に買ったムーンフェイズがオリスで機械式です。当時は、シチズン(アバロン、コスモサイン)・セイコー(アリスト)・カシオもあり、結構種類が多かった時代です。今は、シチズンのコンプリケーションシリーズとカシオのらしきタイプのみですが?

オリスムーンフェイズ


多軸時計で自動巻きは、止まると全てをあわさなければならないので、本当に面倒です。
やはり、多軸時計はクオーツが使いやすい!
世界で多軸のムーンフェイズタイプのコンプリケーションと言えば、やっぱりシチズンですか!
当然にシチズンにもありますが、同じ機械を使っているのが、天賞堂(銀座)、GSX&シャルマン(青山)にもオリジナル商品があります。

この機械はすごいです。タキメーター、2100年までの年度、月、日、曜日、月齢等、時間に関わる全ての機能を持っています。機械式なら1000万円以上かも?それが、10万円から15万円の間で。
もっと高級になるとシチズンの45万円クラスがありますが!

確か、シェルマンはスイスの時計博物館に、飾ってあるとのことです?

これらの、時計も本当は1本欲しいのですが、なんせ字が小さくて・・・。日常では無理。

一度クオーツタイプを購入したのですが、2年で壊れてしまい今持っているのは、オリス1本です。
裏がスケルトンなので、時計屋さんでは鉄粉が出ていなし、オーバーホールすれば精度は出るといわれていますが、文字が読めない時計をオーバーホールに出しても、また使わなくなれば、お金もかかるし、面倒なので大好きなムーンフェイズは、少し諦め気味です。

でも、気にかかる時計はと言うと、シチズンのコンプリケーションシリーズでムーんフェイズ(クオーツ)なんですよね。2年前のバーゼルで話題になった時計なんですが!ブラックの文字盤で、かっこいい。

価格も5万円以下で購入できるのですが、今は余裕がありません。

残念・・・・・。
スポンサーサイト


時計 | 02:34:52 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。