■プロフィール

けんちく家

Author:けんちく家
建築の設計・工事監理の仕事をしています。

建設業は、日本の経済を動かす主幹ですね。それだけ、関係者が多い。
建築には数多く知識が必要です。

いったい、住宅を建てるのに設計者も施工者もどんだけ技術・知識があるのでしょうか?建築の雑学を中心にブログを始めました。




fxwill.com









■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
住宅会社の利益率?
意外と企業形態でお客さま最大の利益率って決っているように思います。
市場価格と原価の積み重ねや営業経費で決ってしまうのでしょうね。

下記の数字はあくまで推測です。

■鉄骨プレハブ系ハウスメーカー    
     30%~38%
■木質プレハブ系ハウスメーカー    
     30%~38%
■2x系ハウスメーカー           
     25%~30%
■在来系ハウスメーカー         
     25%~28%
■FC系ハウスメーカー           
     25%~28%
■工務店、建設会社            
     18%~25%


10%値引きとなると、在来系は本当に厳しいでしょうか?
ある、鉄骨系プレハブハウスメーカーの方が言っていましたが、22%以上の粗利が出ないと、研究開発費用に経費が回せなくなるので、新商品が出せないと・・・・!
在来木造のハウスメーカーが、淘汰されているのは利益が出ずらい構造となっていることが問題なのかもしれません?

ハウスメーカーは、TVCM・展示場・実験研究にも莫大な経費が掛かるので、粗利率が高いのは納得ですが。

まあ、この粗利で受注が出来る方が、まれかもしれません。
スポンサーサイト


コスト・坪単価 | 13:15:26 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。