■プロフィール

けんちく家

Author:けんちく家
建築の設計・工事監理の仕事をしています。

建設業は、日本の経済を動かす主幹ですね。それだけ、関係者が多い。
建築には数多く知識が必要です。

いったい、住宅を建てるのに設計者も施工者もどんだけ技術・知識があるのでしょうか?建築の雑学を中心にブログを始めました。




fxwill.com









■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
木材の加工も0.5ミリ単位!
10年くらい前に、パネルの枠材の角材の精度で、木材の加工工場で製品作りの精度規定の会議をしていたことが、ありました。

ホワイトウッドを 角材寸法 30x97.5の製品精度です。
それまで、鉄骨や鉄筋コンクリートの設計・工事を行なっていて、急に木材業界に入ってきた頃です。

木材なんて2ミリや3ミリ位は許容誤差と思っていたのですが、工場側からの提案が0.7ミリを許容誤差としての提案がありました。

工場  『 今の機械では、0.7ミリ以下の精度は出ないので、これを基本として欲しい! 』
     『 現況では、Sハウスに出荷している規定が一番厳しく、この規定も目標値である。 』
     『 実質的には、1.0ミリ以下とで、合意はされている。 』 

工場からの加工精度を聞いて、本当に驚きました。木材で1.0ミリを切る製品って出来るのかな?
モルダー(加工機械)の刃の一枚もない、すごい。 

木造の技術って、こんなに進んでいるんだ!鉄骨や鉄板精度に近いんだ。
驚きました。

自分  『 当社としては、許容誤差を0.5ミリ以内と考えているのですが、無理でしょうか? 』

無理、ムリ・・・・ 当然、出来ないと思っているのに、酷な発言!!!!!

工場  『 0.5ミリの加工精度の材料比率ですので、ロスが高くてとてもコストが合いません。 』


自分  『 加工した材料の精度を確認したいのですが、製品を見せてもらえませんか? 』
工場  『 いいですよ。では、これから加工工場へ案内させていただきます。 』

製品の寸法誤差を測ると、60%以上が0.5ミリ以内の商品になっている。確かに、0.7ミリ以内だと90%までなり、0.9ミリ以内だと100%の加工精度が出ている。

40%くらいが0.4ミリ以内・・・・!これには本当に驚きました。木材でここまで可能なんだ。KD材を使用しているので、この精度は3週間くらいは保てるとのこと。

確かに、ホワイトウッドの梱包で少し時間が経つと、暴れてしまうので反りが激しくなって商品として使えないもののロスが30%近くでることも。しかし、納入されて2週間以内でパネル製品にしてしまうので、問題ない。

自分  『 目標を0.5ミリ以内でお願いできません!』

自分と仲の良い経営者が、飲んでくれて

工場  『 努力してみます。但し、契約上は0.7ミリでお願いします。』

この条件で合意しました。後日、最初の商品を加工するときに確認してみますと90%が0.5ミリ以内の精度に仕上がっていました。

驚いたのが、0.3ミリ以内が70%、まさに日本の技術!
この精度基準が・・・・・、後日のLVLメーカーとの製品の話合いに続きます。

スポンサーサイト


建築工法 | 00:54:50 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。